ホーム > くらし > 消費生活 > 消費生活センターからのお知らせ > 【消費者庁】帰省時の子どもの医薬品誤飲に注意!

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介

【消費者庁】帰省時の子どもの医薬品誤飲に注意!

年末が近づいています。長期休暇を利用して、実家などに帰省される方も多いのではないでしょうか。消費者庁には、子どもの医薬品誤飲に関する事故情報が全国から寄せられています。

 

子どもの医薬品誤飲に関する事故情報

  • 「祖父母の家で遊んでいて、気付いた時には、市販の解熱鎮痛薬の4錠入りシートを手に持ち、口に入れていた。4錠のうち2錠が見つからない。薬は小さなタンスの一番下の引き出しに入れていた。(1歳)」
  • 「叔母の睡眠導入剤や精神安定剤が机に置いてあり、子どもがすべて飲んでしまった。ふらふらしていたので病院を受診し、急性薬物中毒で6日間入院。(3歳)」

 

子供による医薬品誤飲事故に関する情報分析

消費者安全調査委員会が令和元年9月に公表した「子供による医薬品誤飲事故に関する情報分析」によると、平成26年から平成29年までに公益財団法人日本中毒情報センターに30,385件の子どもによる医薬品の誤飲事故が寄せられていました。

これらはほとんど(95.9%)が自宅で発生していますが、次に多い実家・親類宅で発生した事故は全体の2.4%で、発生月で見ると帰省時期である12月、8月、1月の順に多くなっています。
また、被害を受けた子どもは1歳、2歳、0歳の順に多く、医薬品が置いてあった場所は机・カウンターが30.2%と最も多くなっていました。

 

子どもの医薬品誤飲事故を防ぐため、特に注意ください

  • 0歳から1歳にかけては、塗り薬のチューブや軟膏(なんこう)容器を子どもの手の届く低い位置(床など)に置いたままにしない。
  • 1歳から2歳にかけては、錠剤の入ったPTPシートやボトル入りの錠剤を自分で開けて誤飲する可能性があり、大人の薬の保管に特に注意を払う必要がある。自宅以外の場所、特に実家・親類宅では祖父母や親戚が服用する薬にも注意する。
  • 2歳以上では、子ども自身が好んで口にする可能性が考えられるため、シロップ容器の水薬や袋に入った粉薬を飲んでしまう事故に注意する。
  • 机・カウンターなど子どもに見える場所や手の届く高さに置いたままにせず、飲んだらすぐに片付ける。また、片付けるときにも子どもが見ていないところで行い、場所・高さにも注意する。

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 コミュニティ文化課(本館2階)

電話:0986-23-7146 ファクス:0986-21-3034

メールでの問い合わせ