ホーム > 市政を身近に > 市長室から > 市長のスマイルメッセージ > 第84回市長のスマイルメッセージ(令和元年12月2日放送)

市政を身近に

第84回市長のスマイルメッセージ(令和元年12月2日放送)

市長が毎月初めに行う職員向けの庁内メッセージを掲載します。 

 

令和元年12月2日(月曜日)

皆さん、おはようございます。

 

まず、11月24日、本市において、友好交流都市締結20周年記念式典を開催いたしました。

本市は、平成11年(1999年)11月、中国重慶市江津区(こうしんく)、モンゴル国ウランバートル市と友好交流都市を締結し、その後、行政レベルはもちろん、民間レベルでの市民交流も続けてきましたが、この度、節目の20周年を迎えたわけであります。

そこで、今回、両都市からお客様をお迎えし、本市で記念式典を開催させて頂きましたが、3カ国音楽祭をはじめ、さまざまなイベントを通じて、両都市との更なる絆が強固になったと確信しております。

また、式典終了後、江津区の石(せき)書記、ウランバートル市のアンフマー副市長から、「式典、音楽祭すべてに、都城市の思いが詰まっており、また、職員の皆さんのおもてなしの心に感動した」というお褒めの言葉を頂きました。両国のゲストの皆様も、大変満足して頂いたと思っております。私も、おもてなしも含めて、皆さんの働きは満点の出来であったと思います。

これもひとえに、国際化推進室はもちろん、総合政策部を中心とした職員の皆さん、そして関係者の皆様の素晴らしい対応の成果であり、私からも心からお礼と感謝を申し上げます。

今後とも、両都市との更なる友好交流にお力添えをよろしくお願いいたします。

 

また、11月16日から、「都城まちなかイルミネーション2019」がスタート致しました。今年は、昨年より12万個多い90万個のイルミネーションが輝き、街を彩っておりますが、商工政策課の担当者をはじめ関係者の皆様のご努力により、年々洗練されてきており、今年のイルミネーションは昨年より更にパワーアップしていると感じています。

また、昨年からスタートしたミュージック・イルミネーションも大変好評で、多くの市民の皆さんに喜んで頂いているようですし、何より、中心市街地の“空気が変わった"と市民の皆さんから嬉しいお言葉を頂けることが何よりの喜びであります。

こちらのイルミネーションについても、私としては、満点に近い評価だと思っていますが、更なる高みを目指して頑張って行きましょう。

職員の皆さんも、ぜひともイルミネーションに足を運んで頂き、その空気を感じていただければ幸いです。

 

さて、今年もあと1カ月となりましたが、11月29日から市議会12月定例会が開会しております。我々から提出しているすべての議案を可決頂けるよう、しっかりと説明し、御理解いただけるよう取り組んでまいります。職員の皆さんのお力添えをよろしくお願いいたします。

 

最後に、「都城フィロソフィ」についてお話致します。今月は、フィロソフィの第1部第2章の最後の項目である「損得ではなく善悪で判断し、人間として正しいことを貫く」についてお話します。お手元にあるフィロソフィ手帳の18~19ページにある解説には次のように書かれています。

『大きな夢を描きそれを実現しようとするとき、その行動が正しいものであるかを、人間が本来持っている基本的な倫理観に沿って判断する必要があります。

「決まりを守る」「嘘をつかない」「他人を大切にする」などの人間としての基本的な考え方に立ち返るのです。

また、自分だけが良ければいいという自己中心的な考えで仕事を進めていないかを点検しなければなりません。

自分を犠牲にしても他人を助ける「利他の心」を持てば、視野が広くなるとともに、周りの人の協力も得ることができます。

利他の心を持って行動することは、最終的に自分の幸せにもつながっていきます。』

 

先月の項目「物事をシンプルに捉える」でも申し上げたように、我々行政の場合は、最終的には「市民の幸福と市の発展の実現のためになっているか」という究極の基準で物事を判断する必要がありますが、どうしても判断に迷った時は、「人として正しいことは何か」という、人間が本来持っている基本的な倫理観に沿って判断することが重要です。すなわち、「損得ではなく善悪で判断し、人間として正しいことを貫く」ということです。

そのためにも、我々一人ひとりが、それぞれの人間力を高める必要がありますが、人間力を高める上で、皆で都城フィロソフィを学んでいくことは極めて重要であると考えています。一緒に学んでまいりましょう。

 

また、フィロソフィに関連して、最後に一点、毎年、この時期になると気になることを申し上げます。それはズボンやコート、特にズボンのポケットに手を突っ込んで出勤している職員を見かけるということです。

私から見ると、正直恰好悪く、気持ちの良い光景ではありません。私がそう感じたので、おそらく市民の皆様は余計にそのように感じるのではないでしょうか。寒いのは良く分かりますが、それであれば、手袋をして頂く等適切に対応して頂くことをお願いしておきます。

フィロソフィの中にも、「身だしなみは人のため」とあります。要は我々一人ひとりの意識の問題です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは、12月に入り、これからどんどん寒くなってまいりますが、年末年始にかけて、飲み会等が増える時期でもあります。大いに楽しいお酒を飲んで頂ければと思いますが、本市職員の皆さんは重々ご理解頂いていると思いますが、飲酒運転は犯罪ですので絶対にしないでください。また、風邪や飲み過ぎ等により体調を崩すことなく、元気に年末年始をお迎えいただきますようお願い申し上げ、今月のメッセージと致します。

 

市長のスマイルメッセージの音声

次の圧縮ファイルをダウンロードして聴くことができます。ただし、圧縮ファイルを解凍して得られるMP3(エムピースリー)ファイルを聴くには、WindowsMediaPlayer(ウインドウズメディアプレーヤー)などのソフトウェアが必要です。

第84回市長のスマイルメッセージ (ZIPファイル/6.78メガバイト)

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 秘書広報課(本館4階)

電話:(秘書担当)0986-23-2472
(広報戦略・広聴担当)0986-23-3174
 ファクス:0986-23-9824

メールでの問い合わせ