ホーム > くらし > 移住(UターンやJターンなど)・定住の促進 > UターンやIターンなどの情報 > 【移住支援給付金・ひなた暮らし実現応援事業費給付金】都城市に県外から転職や起業等で移住・UIJターンされる人を応援します!

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介
UターンやIターンなどの情報
UターンやIターンなど、都城市への移住に関する情報
地域おこし協力隊
移住に関する情報などを全国の皆さんにお知らせします
定住の促進

【移住支援給付金・ひなた暮らし実現応援事業費給付金】都城市に県外から転職や起業等で移住・UIJターンされる人を応援します!

都城市は、移住・定住の促進および地域の人材不足の解消のため、国・県の補助金なども活用しながら、県外からの移住・UIJターン者に対して、移住にかかる給付金を交付します。 

給付金の概要

東京23区に5年以上在住または通勤している人、宮崎県以外で5年以上在住し通勤している人が、令和元年7月22日以降に、本市に移住し、「ふるさと宮崎人材バンク」に求人情報を掲載している法人などに就業した場合や、県内で一次産業などに就業した場合に、給付金を交付する制度です。

このほか、本市の事業所を事業承継した場合や、地域コミュニティの維持に特に必要と市町村長が認める起業を行う場合は給付金の対象となる場合があります。

 

給付額

2人以上の世帯

1世帯当たり100万円

単身世帯

60万円

 

支援金を受給するときの主な要件

【移住元に関する主な要件】※次のいずれかに該当すること

  • 住民票を移す直前に連続して5年以上、東京23区に在住していたこと、または東京圏(注意1)のうち条件不利地域(注意2)以外の地域に在住し、かつ、住民票を移す3か月前の時点において連続して5年以上、東京23区への通勤をしていたこと
  • 住民票を移す直前に連続して5年以上、宮崎県外に在住し、かつ、住民票を移す3か月前の時点において連続して5年以上、県外事業所への通勤をしていたこと
注意書きの説明
注意1:東京圏
埼玉県、千葉県、東京都および神奈川県
注意2:条件不利地域
東京都:
檜原村、奥多摩町、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ヶ島村、小笠原村
埼玉県:
秩父市、飯能市、本庄市、ときがわ町、横瀬町、皆野町、小鹿野町、東秩父村、神川町
千葉県:
館山市、勝浦市、鴨川市、富津市、いすみ市、南房総市、東庄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町
神奈川県:
山北町、真鶴町、清川村

【移住先に関する主な要件】※次の全てに該当すること

  • 令和元年7月22日以降に本市に転入したこと
  • 給付金の申請時において、転入後3か月以上1年以内であること
  • 市に給付金の申請日から5年以上、継続して居住する意思を有していること

【就業に関する主な要件(法人就業)】※次のすべてに該当すること

  • 就業先が、宮崎県が運営するマッチングサイト『ふるさと宮崎人材バンク』に移住支援金対象求人として掲載している求人であること
  • 就業者にとって3親等以内の親族が代表者、取締役などの経営を担う職務を務めている法人への就業でないこと
  • 週20時間以上の無期雇用契約に基づいて就業し、申請時において当該法人に連続して3か月以上在職していること
  • 上記求人への応募日が、『ふるさと宮崎人材バンク』に上記の求人が移住支援金の対象として掲載された日以降であること
  • 当該事業所等に、給付金の申請日から5年以上、継続して勤務する意思を有していること
  • 転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること

【就業に関する主な要件(個人経営事業所、農林漁業)】

  • 県内の個人経営事業所に就業した者のうち、農林漁業又は医療福祉事業等に係る国、県、市町村、関係機関の人材確保支援策を活用した者又は地域コミュニティの維持に必要であると市長が認めるとともに移住支援給付金の対象としてマッチングサイト『ふるさと宮崎人材バンク』に掲載した事業所への就業者であること

【起業に関する主な要件】

  • 県地域課題解決型起業支援事業にかかる交付決定を申請日から1年以内に受けていること

【世帯に関する主な要件】次のすべてに該当すること

  • 申請者を含む2人以上の世帯員が移住元において、同一世帯に属していたこと
  • 申請者を含む2人以上の世帯員が申請時において、同一世帯に属していること
  • 申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、令和元年7月22日以降に本市に転入したこと
  • 申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、支給申請時において転入後3ヶ月以上1年以内であること
  • 申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと

【その他の主な要件】次の全てに該当すること

  • 暴力団などの反社会的勢力または、反社会的勢力と関係を有する者でないこと
  • 日本人である、または、外国人であって、永住者、日本人の配偶者など、永住者の配偶者や定住者、特別永住者のいずれかの在留資格を有すること
  • その他、県および申請者の居住する市町村が移住支援給付金の対象として不適当と認めた者でないこと

 

給付金交付要綱及び様式

【移住支援給付金】交付要綱 (PDFファイル/148.66キロバイト)

【移住支援給付金】様式 (ZIPファイル/49.43キロバイト)

【ひなた暮らし実現応援事業費給付金】交付要綱 (PDFファイル/148.89キロバイト)

【ひなた暮らし実現応援事業費給付金】様式 (ZIPファイル/89.66キロバイト)

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 総合政策課移住相談コーナー(本館地下1階)

電話:0986-23-2542 ファクス:0986-23-2675

メールでの問い合わせ