ホーム > くらし > 消費生活 > 消費生活センターからのお知らせ > 電気カーペットや湯たんぽによる低温やけどに注意!

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介

電気カーペットや湯たんぽによる低温やけどに注意!

電気カーペットや湯たんぽによる子どもの低温やけどの事故が発生しています。

 

事故事例 

電気カーペット(0歳3か月)

電気カーペットの上におねしょパッドとタオルを敷いて子どもを寝かせていた。2~3時間たった頃、子どもが泣き出した。背中が熱く、部分的に皮膚が赤みを帯びていた。

湯たんぽ(4歳)

子どもが湯たんぽを欲しがったので、シリコン製の湯たんぽにカバーをかけたものを渡して寝かせていた。1時間程して子どもが『お尻が痛い』と訴えた。赤くなっている部分があり、一部の表皮がむけていた。

 

注意点

心地よいと感じる温度でも、長時間接することで低温やけどになることがあり、熱の作用が長時間に及ぶために、深いやけどになっていることも少なくありません。特に、子どもは皮膚が薄いので重症化するおそれがあり、注意が必要です。

電気カーペットや湯たんぽは取扱説明書の注意事項を守って正しく使用しましょう。また、乳幼児は自分で体勢を変える力が十分でないため、長時間同じ部分を温めないよう保護者が注意する必要があります。もし痛みや違和感がある場合は医療機関を受診しましょう。

詳しくは、子どもの事故防止ハンドブック(サイト外のページへリンク)を確認ください。

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 コミュニティ文化課(本館2階)

電話:0986-23-7146 ファクス:0986-21-3034

メールでの問い合わせ