ホーム > 市政を身近に > 省エネルギー活動 > 環境配慮管理システム > 環境配慮活動実績(平成30年度)

市政を身近に

環境配慮活動実績(平成30年度)

平成30年度環境配慮管理システムを運用した結果は、次のとおりです。 

エコオフィス活動

  • 職員自身の環境配慮活動について、個人チェックシートに基づき評価
  • 施設ごとの環境配慮活動について、各項目を各施設の管理課で集計し評価

 

平成30年度の実施率・達成率

職員個人のエコオフィス活動(実施率)

  • 消費電力の削減:90.9パーセント(前年度比:0.5ポイント減)
  • 紙の使用量削減:99.6パーセント(前年度比:0.2ポイント増)
  • 廃棄物の減量とリサイクル:100.0パーセント(前年度比:0.1ポイント増)
  • 公用車の燃料使用削減:98.9パーセント(前年度比:0.4ポイント減)
  • 通勤時の車の使用を控える:64.2パーセント(前年度比:0.6ポイント減)
  • 水の使用量削減:99.8パーセント(前年度比:増減なし)
  • 全体の実施率:92.2パーセント(前年度比:0.2ポイント減)

※個人エコオフィス活動は、「水の使用量削減」以外の調査項目5項目で前年度比の増減はあったものの、全体の実施率としてはほぼ変動はありませんでした。要因としては、職員個人の環境配慮の意識が定着してきていることだと考えられます。今後も環境配慮活動への意識啓発につながる情報提供を随時行います。

施設管理におけるエコオフィス活動(達成率)

  • 消費電力の削減:94.1パーセント(前年度比:33.0ポイント増)
  • 紙の使用量削減:89.5パーセント(前年度比:15.8ポイント増)
  • 廃棄物の減量とリサイクル:86.7パーセント(前年度比:24.2ポイント増)
  • 公用車の燃料使用量削減:44.4パーセント(前年度比:15.6ポイント減)
  • 水の使用量削減:50.0パーセント(前年度比:14.7ポイント減)
  • 全体の達成率:72.9パーセント(前年度比:8.5ポイント増)

※施設管理エコオフィス活動は、各項目の前年度比にばらつきが生じてはいましたが、全体の達成率としては前年度比8.5ポイントの増加となりました。要因としては、目標設定の適正な見直しと省エネ設備への更新等による達成率が特に大きかったと考えられます。今後の取組方針としては、職員個人の環境配慮の意識向上に継続的に努め、施設管理では省エネ設備への更新などに関する情報収集を行い、施設担当課へ情報提供を行います。

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総務部 管財課(本館3階)

電話:0986-23-2672 ファクス:0986-23-2625

メールでの問い合わせ