ホーム > 市政を身近に > 市長室から > 市長のスマイルメッセージ > 第79回市長のスマイルメッセージ(令和元年6月4日放送)

市政を身近に

第79回市長のスマイルメッセージ(令和元年6月4日放送)

市長が毎月初めに行う職員向けの庁内メッセージを掲載します。 

 

令和元年6月4日(火曜日)

  

  皆さん、おはようございます。

 

 まずはお礼を申し上げます。5月31日は平成30年度の出納閉鎖でありましたが、会計課、納税管理課、保険年金課をはじめ、関係する部課の皆さんには多大なお力添えを頂き、無事に出納閉鎖をすることができました。誠にありがとうございました。本市では、担当の皆さんの多大なるご尽力により、毎年のように収納率を上げて頂き、その結果、様々な施策を展開することができております。改めて心から感謝申し上げますとともに、引き続きのご尽力を宜しくお願い申し上げます。

 

 さて、5月14日から15日の2日間、本市におきまして、第124回九州市長会が開催され、九州沖縄8県にある119市のうち、111市の市長や奥様等総勢400名近くの方々が本市にお越しいただきました。

 本市がホスト市として、官民一体となっておもてなしを致しましたが、全ての関係者の皆様の素晴らしいホスピタリティのおかげで、大成功のうちに2日間の九州市長会を無事に終えることができました。心から感謝申し上げます。

 市長会終了後、多くの市長の皆さんが、美味しい肉と焼酎のおもてなしはもちろんのこと、職員の皆さんの心からのおもてなしに感動しておられました。私も本当に素晴らしいおもてなしだったと感動しました。ありがとうございました。

 また、今回の市長会では、直接的に150名近くの職員の皆さんに2日間、対応していただいたわけですが、その間、150名の替わりに通常業務をしていただいた職員の皆さんもいるわけであり、多くの皆様からいただいたお褒めの言葉は、本市全体の対応にいただいたお言葉だと思います。改めて、全ての職員の皆さんに感謝申し上げます。

 

 また、5月26日、曽於市末吉総合センターで「都城志布志道路整備・活用促進大会」が開催されましたが、その際、河野宮崎県知事と三反園鹿児島県知事から、県境の金御岳IC~末吉IC間と、鹿児島県側の有明東IC~志布志IC(仮称)間が、令和2年度までに開通することが発表されました。今回の発表は大変有り難く、事業主である国・宮崎県・鹿児島県に感謝申し上げるとともに、これまで要望等にご尽力いただいたすべての関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

 今回の開通発表で、令和2年度までに横市ICから志布志ICまで繋がって全体の70%が開通し、令和3年度までには更に横市ICから乙房ICまで繋がり全体の80%が繋がることになります。すなわち、令和3年度までには乙房IC~志布志ICまでが全て繋がることになります。

 市長就任以来、都城志布志道路の早期全線開通を最重要課題と位置付けて取組んできましたが、市長就任時に開通率30%だったのが80%まで目途がついたことは、本当に嬉しい限りです。

 私としては、都城志布志道路の早期全線開通に向けて、引き続き最大限の努力をしてまいりますので、市民の皆様、職員の皆さんのご理解ご協力を宜しくお願い致します。

 

 最後に、「都城フィロソフィ」についてお話致します。今月は、フィロソフィの第1部第2章の第2項目にある「身だしなみは人のため」についてお話しします。いずれ配付されるフィロソフィ手帳の解説では、次のように書かれています。

 『市役所は、市民サービスを提供する「サービス業」であり、市民はお客様です。したがって、市役所での髪型や服装などの身だしなみは、お客様である市民がどう感じるか、いわゆる市民目線が全てです。提供するサービス自体が良くても、応対する職員の印象が悪ければ、全ての印象が悪くなることもあります。

 身だしなみは、接する相手のために整えるものであり、時と場合に応じた清潔感のある身だしなみは、接遇の基本です。過度に意識した服装などは、自分のためのおしゃれでしかないことを肝に銘じ、日頃から互いに服装などを確認し合い、職員としてふさわしい身だしなみで接遇に努める必要があります。』

 

 今回の身だしなみについては、このスマイルメッセージでも過去にお話ししたことがありますが、以前、私自身が一部の職員の身だしなみに不快な思いをしたことがあります。仮に、99人の職員がきちんとした身だしなみをしていても、1人だけがきちんとしていなければ、市役所全体の評価は、残念ながら、身だしなみをきちんとしていない1人の評価になってしまいます。

 先ほどの解説でもあったように、市役所は市民サービスを提供する「サービス業」であり、市民の皆様はお客様であります。したがって、市役所での髪型・服装等は、あくまで「お客様である市民の皆様がどう感じるか」がすべてであり、市民の皆様が市役所職員としてふさわしくない髪型・服装だと不快に感じる、また、周りの上司・同僚等も市役所職員としてふさわしくないと感じ、そうした指摘を受けた場合は、速やかに身だしなみを改善するようにして頂きたいと思います。また、部課長等の管理職の皆さんにおかれては、そうした職員がいた場合はしっかりとご指導頂きますようよろしくお願い致します。

 

 それでは、そろそろ梅雨の季節がやってきますが、体調に気を付けて公私ともに充実した時間をお過ごし頂きますよう申し上げて、今月のメッセージと致します。

 

市長のスマイルメッセージの音声

次の圧縮ファイルをダウンロードして聴くことができます。ただし、圧縮ファイルを解凍して得られるMP3(エムピースリー)ファイルを聴くには、WindowsMediaPlayer(ウインドウズメディアプレーヤー)などのソフトウェアが必要です。

第79回市長のスマイルメッセージ (ZIPファイル/7.02メガバイト)

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 秘書広報課(本館4階)

電話:(秘書担当)0986-23-2472
(広報戦略・広聴担当)0986-23-3174
 ファクス:0986-23-9824

メールでの問い合わせ