ホーム > 市政を身近に > 市長室から > 市長のスマイルメッセージ > 第77回市長のスマイルメッセージ(平成31年4月2日放送)

市政を身近に

第77回市長のスマイルメッセージ(平成31年4月2日放送)

市長が毎月初めに行う職員向けの庁内メッセージを掲載します。 

 

平成31年4月2日(火曜日)

皆さん、おはようございます。

 

まずは、4月1日から社会人としてスタートした新規採用職員の皆さん、入庁誠におめでとうございます。市民・職員を代表してお祝いを申し上げますとともに、心より歓迎いたします。今は期待と不安が入り乱れた心持ちではないかと思いますが、昨日の講話でもお話しした通り、「明るく元気で素直で人間力溢れる職員」を目指して、常に目標・夢を高く掲げ、それに向けて精一杯努力し、社会の役に立つ素晴らしい人間になって頂きたいと思います。一緒に頑張ってまいりましょう。

 

また、4月1日付で人事異動が発令されました。新年度を迎え、8人の新しい部長、14人の新しい課長が誕生し、さらには昇任・異動等により新たな職場・立場・メンバーになってのスタートでありますが、職員の皆さん一人ひとりが、気持ち新たに積極的に仕事に取り組んで頂くとともに、「チームみやこんじょ」で前に進んでまいりましょう。

 

さて、3月29日に告示された宮崎県議会議員選挙につきましては、人事異動直前にも関わらず、選挙事務に対し、職員の皆さんの多大なご理解ご協力を頂き適切に執行して頂きましたこと、心から御礼申し上げます。今回の宮崎県議会議員選挙では、都城市選挙区は無投票という結果になったため、すでに選挙事務は終了していますが、7月には参議院議員選挙が控えております。職員の皆さんの引き続きの御理解、御協力を宜しくお願いいたします。

 

ところで、本市ではこのたび、職員の皆さんのお力をお借りして「都城フィロソフィ」を策定いたしました。まずは、素晴らしいフィロソフィを策定していただいた事務局、策定委員会のメンバーとしてご尽力いただいた職員の皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

「都城フィロソフィ」とは、都城市役所で一番大切な資源である人財(ヒト)、すなわち、職員の皆さん一人ひとりの人財育成によって組織(市役所)活性化を図って日本一の市役所となり、その結果、市民の幸福と市の発展を実現するための人財育成の重要な指針でありますが、この中には、私がこれまで事ある毎に職員の皆さんにお話してきた「仕事をする上での8つの心得」や「自治体経営の考え方」も包含されています。

ここで一点、一部の職員の皆さんからご質問のあった「日本一の市役所とは何か?」についてですが、私の考えとしては、日本一の市役所とは、市役所に対して一番厳格な目を持っていらっしゃる「都城市民」の皆様から、「うちの市役所・職員は素晴らしい!日本一だ!」と言われるようになることであると考えています。

いずれにしても、今後、職員の皆さんには常時携行できる「都城フィロソフィ」手帳が配付されると思いますが、本市ではこの「都城フィロソフィ」も活用しながら更なる人財育成を進め、市民の幸福と市の発展の実現を更に進めてまいりたいと考えておりますので、職員の皆さんの御理解、御尽力を宜しくお願い致します。

 

今後、毎月の私のスマイルメッセージでも、都城フィロソフィについて触れてまいりますが、本日は、「都城フィロソフィ」の30項目のうち、「第2章正しい考え方を持つ」の1番目に登場する「あいさつが全ての基本」についてお話します。

私は市長就任以来、新年度最初4月のスマイルメッセージで「挨拶」の重要性について毎年申し上げておりますが、職員の皆さんにおかれては、仕事に取り組むに当たって、まずは「挨拶」をきちんと励行して頂きたいと思います。ここ最近、市民の方々から職員の皆さんが気持ち良く挨拶をしてくれるようになった、接遇が素晴らしい等々のお褒めの言葉を頂くことが本当に増えました。職員の皆さんの日頃の心掛けの賜物であり、心から感謝申し上げます。

当然ながら、「挨拶」は社会生活を営む上での基本中の基本であります。私は「挨拶できない人は仕事もできない」と考えています。すなわち、挨拶すらできない人がどうやって難しい仕事をすることができるのか?ということです。

 したがって、職員の皆さんには、市民の皆様に対する挨拶・接遇はもちろんですが、職員同士でも気持ちのいい挨拶・接遇を励行して頂き、その際には、「あ」明るく、「い」いつも、「さ」先に、「つ」続けて、を心掛けて頂きたいと思います。こうしたことの積み重ねが、必ず市役所という職場環境をより良くし、また、職員一人ひとりの資質も引き上げると確信しています。

 

最後に、昨日から新年度、平成31年度がスタートしましたが、皆さん御承知のとおり、昨日、政府より新元号が発表されました。5月1日からの元号は「令和」となります。まさに大きな時代の節目であります。この時代の節目に、都城市長として皆さんと一緒に仕事をすることができることを大変嬉しく思っております。

新しい「令和」の時代が、市民にとって、都城市にとって、職員の皆さん一人ひとりにとって素晴らしい時代となるべく、我々職員、一致団結して前に進んでまいりましょう。

 

それでは、今年度も、新たな体制の下、職員の皆さんと一緒にあらゆることに“本気で挑戦"し、各施策を着実に前に進めることで、「南九州の拠点都市(リーディングシティ)」の確立と「笑顔あふれるまち=スマイルシティ都城」の実現に邁進(まいしん)してまいります。職員の皆さんのこれまで以上のご理解ご協力を心からお願い申し上げ、今月のメッセージと致します。今年度もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

市長のスマイルメッセージの音声

次の圧縮ファイルをダウンロードして聴くことができます。ただし、圧縮ファイルを解凍して得られるMP3(エムピースリー)ファイルを聴くには、WindowsMediaPlayer(ウインドウズメディアプレーヤー)などのソフトウェアが必要です。

第77回市長のスマイルメッセージ (ZIPファイル/7.04メガバイト)

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 秘書広報課(本館4階)

電話:(秘書担当)0986-23-2472
(広報戦略・広聴担当)0986-23-3174
 ファクス:0986-23-9824

メールでの問い合わせ