ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 都城の歴史と文化財 > 都城歴史資料館企画展「西南戦争」(平成31年1月20日まで)

ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 都城歴史資料館 > 都城歴史資料館企画展「西南戦争」(平成31年1月20日まで)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

都城歴史資料館企画展「西南戦争」(平成31年1月20日まで)

現在、NHK大河ドラマ「西郷どん」で注目される西郷隆盛。

明治10年2月15日、西郷隆盛が挙兵し、日本最後の内戦・西南戦争が始まりました。この戦いでは都城も戦場の一つとなったほか、都城からも多くの人々が戦場へと向かいました。

今回の企画展では、都城に残る資料を中心に展示し、都城の人々と西南戦争との関わりを分かりやすく紹介します。

 ポスター

ポスター (PDFファイル/9.14メガバイト)

 

会期

平成30年11月2日(金曜日)~平成31年1月20日(日曜日)

開館時間

午前9時30分~午後5時

※入館は午後4時30分まで

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日休館)

年末年始(12月29日~31日、1月1日~3日)

 

会場

都城歴史資料館1階 企画展示室

展示

 

入館料

  • 大人210円(団体160円)
  • 高校生160円(団体100円)
  • 小中学生100円(団体50円)
  • 障害者手帳を持っている人(介護者を含む)は無料
  • 子育て応援カード(サイト外のページへリンク)の提示で、小学生以下の子どものいる家庭および妊娠中の人がいる家庭は無料
  • 毎月第3日曜日は、小学生以下の子どものいる家庭および妊娠中の人がいる家庭は無料(子育て応援カードの提示不要) 
  • 本市小・中学校の教育活動は無料
  • 文化の日(11月3日)は無料

 

展示構成

テーマ1:日本最後の内戦―西南戦争―

西郷隆盛の鹿児島帰郷から私学校開設、挙兵、城山の戦いと自刃まで、錦絵などの当時のマスコミ資料や軍票・隊旗などの実際に使われた資料を使い、西南戦争の実像を描きます。

主な展示資料
  • 西南戦争錦絵(個人寄託・写真左)

都城の戦い 

  • 鹿児島戦記(写真右)

鹿児島戦記

  • 西郷札(個人寄託)

テーマ2:戦場となった都城

7月14日、政府軍が高原を占拠し、これを奪還しようとした西郷軍と激突します。しかし高崎で西郷軍は敗北し、政府軍が都城攻撃を開始、西郷軍は山之口や飫肥方面に敗走しました。

このとき、都城では何が起こり、人々はどのように戦場の現実と向き合ったのでしょうか。

主な展示資料
  • 錦絵「都城軍議之図」
  • 入間三郎書簡(租税資料館蔵)
  • 銃弾痕がある柱

テーマ3:西南戦争で戦った人々

都城からは多くの人々が西郷軍として参加しました。一方で、政府の徴兵制により、政府軍として戦った人々もいました。少数派であった彼らの戦後とは。

主な展示資料
  • 十年征西の役官軍戦没者掛軸
  • 古垣家文書

テーマ4:捕虜となった人々

都城市域からは西郷軍として約2,400人が出兵しました。反乱軍となった彼らの戦後とその後の人生とは。

主な展示資料
  • 山形流謫日誌

テーマ5:各地に残る招魂塚

西南戦争の終結後、戦病没した人々の慰霊のために各郷で招魂塚がつくられました。西南戦争が残した傷跡と、その記憶を語り継ぐ人々の姿を紹介します。

主な展示資料
  • 勝海舟筆漢詩掛軸(写真)

勝海舟

  • 招魂塚

 

動画

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ