ホーム > くらし > 相談 > 子育て・教育に関する相談 > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > 子育てと教育 > 子育てに関する相談 > 子育て総合相談 > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > 子育てと教育 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > 子育てと教育 > 子どもの健康 > 子どもの予防接種 > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > 子育てと教育 > 子どもの健康 > 健康診査 > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > 健康と福祉 > 医療・健康 > 予防接種 > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > 健康と福祉 > 医療・健康 > 健康診査や検診の情報 > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > かんたん検索 > 妊娠・出産 > 妊娠した > 妊婦の健診・教室などについて知りたい > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > かんたん検索 > 妊娠・出産 > 相談窓口のご案内 > 相談窓口のご案内 > 風しんの報告数が増加しています

ホーム > かんたん検索 > 育児 > 予防接種・健診など > 予防接種を受けたい > 風しんの報告数が増加しています

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介

風しんの報告数が増加しています

全国で風しんの報告数が増加しています。

宮崎県は風しんの抗体検査を始めました(無料)

宮崎県は、生まれてくる子どもの「先天性風しん症候群」の発生を防ぐため、妊娠を希望する女性やその配偶者を対象とした無料の風疹抗体検査を実施します。

詳しくは、「【宮崎県】平成30年度風しん抗体検査の実施について」(外部サイトへリンク)を確認ください。

対象者
  1. 宮崎県民(宮崎市民を除く)で妊娠を希望する女性とその配偶者または同居するパートナー
  2. 抗体価が低い妊婦の配偶者または同居するパートナー

※婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある人も対象

ただし、次の人は対象外です。

  • 1・2うち、過去に抗体検査(妊婦健康診査を含む)を受けたことがある人
  • 予防接種を2回受けたことがある人
  • 風しんにかかったことがある人
検査を受ける方法

事前に実施医療機関に問い合わせの上、住所、氏名を確認できるもの(健康保険証や運転免許証など)を持って受診ください。

注意事項

対象者2の人は、上記に加え、妊婦の人の母子健康手帳も提示ください。

また、検査結果については、受検した医療機関で確認ください。

実施期間

平成31年1月~3月31日まで

実施医療機関

実施医療機関については次のとおりです。

【宮崎県】風しん抗体検査 実施協力医療機関一覧 (PDFファイル/123.58キロバイト)

 

風しんとは

感染者の飛沫(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる感染症です。

風邪の症状によく似ていて、感染すると、発熱や発疹、リンパ節腫脹といった症状が認められ、多くの場合は数日で治ります。しかし、成人で発症した場合、高熱や発疹が長く続いたり、関節が痛かったりなど、小児より重症化することがあります。また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院して治療することが必要となることもあるため、決して軽視できない疾患です。

感染拡大防止のため、体調不良の時は無理をせず、風疹を疑う症状が出現した際は医師に相談しましょう。

風疹の報告数が増加しています。体調不良の時はムリしないで (PDFファイル/173.66キロバイト)

風疹の報告数が増加しています

平成30年7月下旬ごろから、関東地方を中心に患者数の報告が増加しています。

風しんの感染症発生動向調査に基づく最新発生報告数は、定期的に国立感染症研究所ウェブサイト(外部サイトへリンク)に掲載されますので、確認ください。

 

妊娠を希望する女性、妊婦とその家族の皆さんへ

風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週ごろまでの妊婦が風しんウイルスに感染すると、先天性風疹症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。

妊娠を希望する女性、妊婦とその家族の皆さんは抗体検査を受け、風しんに対する免疫が不十分な場合には、ワクチン接種を検討しましょう。

妊娠を希望する女性、妊婦とそのご家族へ (PDFファイル/179.5キロバイト)

 

生まれてくる赤ちゃんのために風しん含有ワクチンを打ちましょう

風しんの予防接種で、未来の赤ちゃんを守りましょう。

※現在妊娠中の人は風疹の予防接種を受けることはできません。風疹の免疫が不十分な場合は、出産後できるだけ早く風疹の予防接種を受けましょう

風疹の予防接種で未来の赤ちゃんを守れます (PDFファイル/1.12メガバイト)

生まれてくる赤ちゃんのために風疹ワクチン (PDFファイル/952.65キロバイト)

 

平成30年度風しんの抗体検査・予防接種を受けられる医療機関について

まずは、かかりつけ医へ御相談ください。平成30年11月現在の、都城市内で風しんの抗体検査・予防接種を受けられる医療機関は次のとおりです。

【風しん抗体検査・予防接種】医療機関一覧 (PDFファイル/143.56キロバイト)

抗体検査・予防接種を希望する人は、必ず事前に問い合わせの上、受診ください。

 

問い合わせ

都城市保健センター

電話:36-5661

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:福祉部 都城市保健センター(中心市街地中核施設Mall mall内)

電話:0986-36-5661 ファクス:0986-36-5669

メールでの問い合わせ