ホーム > 楽しむ・学ぶ > 都城島津家と都城 > 古文書・記録 > 大草流庖丁之書(おおくさりゅうほうちょうのしょ)

ホーム > 市政を身近に > 広報都城 > 都城島津伝承館だより > 大草流庖丁之書(おおくさりゅうほうちょうのしょ)

ホーム > 市外の皆さま ~観光情報~ > 都城の見どころ > 都城島津伝承館だより > 大草流庖丁之書(おおくさりゅうほうちょうのしょ)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

大草流庖丁之書(おおくさりゅうほうちょうのしょ)

この書物は、室町幕府の奉公衆(将軍直属の武家官僚職)であった大草公次(おおくさきみつぐ)によって考案された料理方法をまとめたもので、その場の趣向や吉兆を踏まえた素材のさばき方、盛りつけ方などが記されています。
鹿児島藩では、十八代島津家久(いえひさ)の代に石原佐渡(いしはらさど)という人物がこの料理法を修得。十九代光久(みつひさ)の代に、石原嘉右衛門(かえもん)が庖丁人として召し抱えられたことから、以後、諸大名のもてなしや元服式などで振る舞う料理は、この大草流に基づいて作られるようになりました。
都城島津家に伝わるこの書の最後には、明和6年(1769)、二十代島津久茂(ひさもち)の希望により大草流が承継されたことが記されています。
このほかにも、藩主との交流や、料理作法、食文化などをうかがい知ることができる貴重な史料です。

 

関連情報 

都城島津邸のホームページ(サイト外のページへリンク)

 

史料画像

 

大草流庖丁之書

 

 

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 都城島津邸

電話:0986-23-2116 ファクス:0986-36-4019

メールでの問い合わせ