ホーム > くらし > 上水道 > 上水道の給水装置工事 > 【重要】水道管などの凍結に注意ください

ホーム > くらし > 上水道 > 水道局からのお知らせ > 【重要】水道管などの凍結に注意ください

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介

【重要】水道管などの凍結に注意ください


ぼんちくんと水道

気温がマイナス4度以下のときや、一日中氷点下の真冬日が続いたときは、水道管が凍結したり破裂しやすくなったりします。また、風が強い日などは、それ以上の温度でも凍結する場合があります。

事前に凍結を防ぐ対策を心掛けましょう。

 

 

 

露出している水道管に保温材を巻いて凍結を防ぐ

布きれや発泡スチロールなどで覆い、濡れないように上からビニールテープを巻きましょう。

 

露出している水道管には保温材を巻く

 

 

メーターボックスに保温材を入れて量水器の凍結を防ぐ

細かく砕いた発泡スチロールやタオルなどを、濡れないようビニール袋に入れ、メーターを覆うように詰めましょう。

 

メーターボックスに保温材を入れる

 

水道管の凍結に備えて飲料水を確保する

1日に必要な水の量は、1人3リットルと言われています。いざというときに備え、最低3日分の飲料水を確保しておきましょう。

 

風呂の水の有効活用

万一の断水に備えて、トイレの流し水のためにお風呂の水はためておきましょう

 

水道管が破裂したら

まずは止水

応急措置として、メーターボックスの中の止水栓を時計回りに閉めてください。

※凍ってしまったら、蛇口を開けたまま外出しないでください。 

工事を依頼

止水後は指定給水工事店へ修理を依頼ください。

水道指定給水装置設置工事事業者(上水道に指定工事店)一覧表(サイト内のページへリンク)

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:上下水道局 総務課(下川東三丁目)

電話:上下水道局お客様センター
0986-23-4510
上下水道局総務課
0986-23-4810
 ファクス:0986-23-6440

メールでの問い合わせ