ホーム > くらし > 税金 > 個人市民税 > 個人住民税の特別徴収

ホーム > 申請書ダウンロード > 税金 > 特別徴収(給料差し引き) > 個人住民税の特別徴収

ホーム > かんたん検索 > 税金 > 住民税(市・県民税)について > 制度について知りたい > 個人住民税の特別徴収

ホーム > 事業者向け情報 > 法人市民税など税情報 > 個人住民税の特別徴収 > 個人住民税の特別徴収

ホーム > 事業者向け 申請書ダウンロード > 税金 > 特別徴収(給料差し引き) > 個人住民税の特別徴収

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介

個人住民税の特別徴収

事業主(給与支払者)は特別徴収義務者として、法人・個人を問わず、全ての従業員について、個人住民税を特別徴収(給与天引き)していただく必要があります。

個人住民税の特別徴収とは

個人住民税の特別徴収は、事業主(給与支払者)が所得税の源泉徴収と同じように、従業員(納税義務者)に代わり、毎月従業員の給料から個人住民税を給与天引きし、納入していただく制度です。

これは、地方税法と市町村の条例で定められています。

(根拠法令:地方税法第321条の4、都城市税条例第44条)

 

特別徴収の方法による納税の仕組みについて

特別徴収のしくみ

 

 

 

 

  1. 事業主は、毎年1月末までに市町村へ給与支払報告書を提出してください。
  2. 市町村が個人住民税額を計算し、毎年5月に特別徴収義務者(事業主)あてに「特別徴収税額決定通知書(特別徴収義務者用・納税義務者用)」を送付します。
  3. 事業主は、市町村から届いた「特別徴収税額決定通知書(納税義務者用)」を従業員へ渡して、税額を通知してください。
  4. 事業主は、「特別徴収税額決定通知書(特別徴収義務者用)」に記載された税額を毎月の給与から天引きしてください。
  5. 事業主は、給与天引きした月の翌月10日までに各市町村に納入してください。

 

※所得税のように、事業主の方が税額を計算する必要はありません。

※給与支払報告書の提出義務(地方税法第317条の6)

 

特別徴収に関するよくある質問

個人住民税特別徴収Q&A (PDFファイル/228.7キロバイト)

 

特別徴収の手続き

退職・転勤などの異動があった場合の手続き

事業主の方は、異動が生じた日の属する月の翌月10日までに、「給与所得者異動届出書」の提出が必要です。(地方税法施行規則第9条の5)

様式はページ下部からダウンロードしてお使いください。

毎年5月に市から送付している特別徴収のしおり(ピンク色の冊子)もお使いいただけます。

退職、休職などの理由で特別徴収できなくなった場合

残りの税額を最後の給料や退職手当等の支払いの際に一括で徴収して納入していただくか、納税義務者(従業員)に市から納付書を送付して納税義務者から直接納めていただくか(普通徴収)のいずれかになります。

一括徴収をする場合は、必ず届出書下の「◎一括徴収」の欄に必要事項を記入ください。

転勤などの場合

転勤・再就職等により、新勤務先で特別徴収を継続する場合は、前勤務先の必要事項を「給与所得者異動届出書」の上段に、新勤務先の必要事項を届出書下の「◎転勤」欄に記入して提出ください。

新しく特別徴収へ切り替える場合

新しく入社された方など、普通徴収から特別徴収への切り替えをする場合は、「普通徴収から特別徴収への切替連絡書」に必要事項を記入の上、提出ください。

その際、普通徴収の納期がすでに到来したものについては特別徴収への切替えはできませんので注意ください。

  • 様式のダウンロードはこちら(サイト内のページへリンク)

 

納入方法

各納税義務者(従業員)から徴収した月割額の合計額を、翌月10日までに納めてください。納期が金融機関の休業日に当たる場合は翌営業日となります。

納入場所

納入場所はこちら(サイト内のページへリンク)を確認ください。

なお、個人住民税の特別徴収は口座振替、コンビニエンスストアでの支払には対応しておりませんので了承ください。

年の途中で納入金額に変更があった場合の取り扱い

都城市では、退職・税額変更により年の途中で納入金額に変更があった場合でも、変更後の納入書は送付していません。

納入の際は、納入書の金額を訂正してお使いください。(訂正印不要)

領収書、納入書、納入済通知書の3枚とも同様に訂正が必要です。

なお、訂正可能な箇所は「納入金額欄」のみで年月日等の訂正はできませんので注意ください。

納期の特例

給与受給者(従業員)が常時10人未満である場合は、通常年12回のところ、特別徴収税額を年2回に分けて納入できる「納期の特例」制度があります。

詳しくはこちら(サイト内のページへリンク)を御覧ください。

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 市民税課(本館2階)

電話:0986-23-2123 ファクス:0986-23-6325

メールでの問い合わせ