ホーム > くらし > 住まい・道路 > 建築指導 > 木造住宅耐震改修工事補助制度について

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介

木造住宅耐震改修工事補助制度について

次の要件をすべて満たす住宅を対象に木造住宅耐震改修工事の助成を行います。

対象住宅

  1. 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て木造住宅(延床面積の2分の1を超える部分が住宅の用途であるもの)
  2. 階数が2階以下のもの
  3. 在来軸組構法、枠組壁工法、伝統的構法のいずれかによるもの
  4. 空き家でないもの

 

補助対象者

市内に住所を有する補助対象となる住宅を所有し、市税の滞納がない人

※暴力団員もしくは暴力団員と密接な関係を有する人は対象外

 

補助対象となる工事

耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満であるものを1.0以上とするための耐震改修工事

※但し、補強に直接関係しない増築およびリフォームに係る工事は含まない

※上部構造評点の説明:木造住宅の耐震性能を示す指標で、1.0以上で一応倒壊しないと判定されます。

 

助成金額

上部構造評点が0.7未満の場合

住宅1棟当たり75万円を限度とした、耐震改修工事に要した費用の2分の1に相当する額

上部構造評点が0.7以上1.0未満の場合

住宅1棟当たり50万円を限度とした、耐震改修工事に要した費用の3分の1に相当する額

 

申請様式

各申請書類を作成する際には、次のファイルを使用して下さい。

耐震改修工事補助申請書 (Excel2007ファイル/17.23キロバイト)

 

申請の流れ

耐震改修工事の流れ (PDFファイル/282.57キロバイト)

 

申し込み・問い合わせ

都城市役所土木部建築課建築指導担当

電話:0986-23-2585


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:土木部 建築課(本館3階)

電話:0986-23-2091 ファクス:0986-23-2154

メールでの問い合わせ