ホーム > 子育てと教育 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 一般不妊治療費の助成

子育てと教育

子育て支援
児童手当や乳幼児医療費助成、食育などの子育てを支援する情報
子育てに関する相談
子育てに関するいろいろな悩みごと相談
妊娠・出産
妊婦健康診査助成券や赤ちゃん健康相談などの情報
子どもの健康
各種予防接種に関する情報
幼稚園・保育所(園)
幼稚園、保育所の入所手続きや病後児、一時保育などの情報
学校教育
小・中学校や高等教育機関の情報
放課後の子育て支援
家庭に代わる放課後の子どもの見守り情報
教育委員会
教育委員会の方針や概要
食育
子どもから高齢者までの食育に関すること
子育てと教育施設一覧
児童遊園、児童プール、放課後児童クラブなどの施設

一般不妊治療費の助成

都城市では、不妊治療を受ける人たちの精神的・経済的負担を軽減するため、人工授精による一般不妊治療を受けられた夫婦に対し、治療費の一部を助成します。

なお、平成28年4月以降の治療が助成の対象となります。

 

対象者

法律上の婚姻をしている夫婦のうち、次のいずれにも該当する人

  • 夫または妻のいずれか、または両方が申請日および助成期間において、都城市の住民基本台帳に登録されていること
  • 夫婦の前年(1月から5月の申請は前々年)の所得の合計額が730万円未満であること
  • 健康保険に加入していること、または生活保護を受給していること
  • 助成を申請しようとする治療が、他の地方公共団体から助成を受けていないこと
  • 夫および妻のいずれも市税の滞納がないこと

 

助成期間

夫婦一組に対し、一般不妊治療(人工授精)を開始した日の属する月から起算して24月以内。なお、平成28年4月以降の治療が助成の対象となります。

 

助成金額

10万円を限度とし、助成期間に要した一般不妊治療費の額。

 

申請期日

一般不妊治療を開始した日から助成期間が終了した日から1年以内。

 

申請に必要な書類

※申請には、印鑑と請求書に記入した口座の通帳を持参ください。

 

申し込み・問い合わせ

平成30年3月まで

こども課(都城市役所本館1階)

電話:0986-23-2684

平成30年4月以降

都城市保健センター(中心市街地中核施設「Mallmall(まるまる)」内)

住所:都城市中町17街区19号

電話:0986-36-5661(直通)

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:福祉部 都城市保健センター(中心市街地中核施設Mall mall内)

電話:0986-36-5661 ファクス:0986-36-5669

メールでの問い合わせ