ホーム > くらし > 移住(UターンやJターンなど)・定住の促進 > 地域おこし協力隊 > 【募集】明るく元気な地域おこし協力隊員を募集します!

ホーム > 市政を身近に > 募集 > 人材募集 > 【募集】明るく元気な地域おこし協力隊員を募集します!

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介
UターンやIターンなどの情報
UターンやIターンなど、都城市への移住に関する情報
地域おこし協力隊
移住に関する情報などを全国の皆さんにお知らせします
定住の促進

【募集】明るく元気な地域おこし協力隊員を募集します!

人口減少や過疎、高齢化などの進行が課題となる中、地域資源を活用し、地域力の再生に意欲があり、中山間地域の中核となる温泉施設などの活性化や移住・定住支援を一緒に積極的に取り組む明るく元気な「地域おこし協力隊員」を募集します。 

 

業務概要と募集人員

温泉等施設を活用した地域活性化

市が保有する温泉施設やスポーツ施設等の多彩な資源を活かし、地域活性化のアイデアを考えていただく業務です。

都城の温泉施設は、年間100万人以上の入浴客が集う施設ですので、スケールが大きな企画が可能ですし、民間の人との交流も多いので、コネクションが増え、自分の財産となる経験ができます。

全国の地域おこし協力隊の業務でも珍しい、経営感覚を磨ける仕事ですので、次へのキャリアステップが見える仕事です。

主な業務
  • 中山間地域の中核であり、地域の資源でもある温泉施設など(青井岳荘、観音さくらの里、ゆぽっぽ、山田温泉、ラスパ高崎)の運営協力に係る業務
  • 温泉施設イベントなどの企画に係る業務
  • 体育施設と連動した温泉施設などへのスポーツ合宿の誘客に向けた、プロモーションなどに係る業務
  • SNSなどを活用した中山間地域PRの情報発信に係る業務
  • その他、都城市内の地域振興に係る業務
募集人員

1人

勤務地

都城市総合政策部総合政策課

主な活動拠点

都城市内全域

 

田舎暮らしをしたい方のお手伝い

市外から都城市へ移住を考えている人の相談対応や、都市部で行なわれる移住相談会で都城市をPRする業務です。

都城市は様々な移住施策を展開し、平成29年度には、100人以上が移住相談窓口を通して移住されました。都城市をPRし、さらに多くの人に都城市に移住してもらえるように一緒に取り組む人を望んでいます。

主な業務
  • 移住相談対応に係る業務
  • 空き家の有効活用に係る業務
  • SNS等を活用した移住の情報発信に係る業務
  • 中山間地域等の振興に係る業務
  • その他、都城市内の地域振興に係る業務
募集人員

1人

勤務地

都城市総合政策部総合政策課

主な活動拠点

都城市内全域

 

募集対象者

  • 応募時に3大都市圏や都市地域に在住している人で、都城市に住民票を異動し、かつ居住することができる人
  • 心身ともに健康で、地域住民と協力しながら、協力隊員の活動に意欲と情熱を持って行動できる人
  • 平成30年8月1日現在で、20歳以上50歳未満の人
  • 性別は問いません
  • 普通自動車免許を有し、日常的な運転に支障のない人
  • パソコンを使った文書の作成や表計算、電子メールなどの操作ができる人
  • 平成30年8月に着任できる人
  • 地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない人
  • 活動終了後、都城市で起業・就業し、定住する意欲のある人

注意

※3大都市圏とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県および奈良県の区域の全部

※都市地域とは、過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない市町村

 

勤務時間

午前8時30分~午後5時

  • 勤務時間などは、季節や業務内容により変動する場合があります
  • 土・日曜日、祝日に勤務が生じた場合は、代休対応とします
  • 活動日以外の日は、隊員自身の定住に繋がる活動などに活用してください

 

雇用形態・期間

  • 都城市の非常勤嘱託職員として委嘱します
  • 雇用期間は1年度単位とし、市長が必要と認めるときは、最長平成32年度末(2020年度)まで延長することができます
  • 隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であっても、その職を解くことができるものとします

 

給与・賃金等

報酬は、月額193,000円(通勤手当以外の諸手当込み)とします。

 

待遇・福利厚生

  • 業務活動に使用するパソコンなどを用意します
  • 業務活動に使用する自動車を用意します
  • 社会保険などに加入していただきます
  • 生活用備品や住居の光熱水費は、各自で負担ください
  • 業務活動以外で使用する自家用車は、各自で準備ください
  • その他、業務活動に必要なものは、必要に応じて、予算の範囲内で市が準備します
  • 住居探しについては、市内不動産業者の紹介など、お手伝いしますので、相談ください

 

申込受付期間

平成30年4月18日(水曜日)~平成30年5月30日(水曜日)

※申込受付期間内に必着

 

選考の流れ

応募方法

次の書類を問い合わせ先まで郵送してください。

  • 地域おこし協力隊員応募用紙(様式1、様式2)
  • 運転免許証のコピー
  • 履歴書
  • 住民票の写し

※提出された書類は、返却しません

選考方法

第1次選考(書類選考)

6月上旬を予定

※結果は、応募者全員にお知らせします

第2次選考(面接)

6月下旬を予定

第1次選考合格者は、面接による第2次選考を実施します。面接場所は、都城市役所本庁です。

※詳細は、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。なお、面接会場への旅費などは、応募者の負担ですが、都城市には「お試し滞在制度」があります

第2次選考における「お試し滞在制度」の活用

移住定住支援事業の一つに「お試し滞在制度」があります。

住まいや仕事を探す活動、移住を目的として都城を体感する活動などに対し、市内4施設の温泉宿泊施設の宿泊費の助成を行うもので、1泊あたりの自己負担は2,000円となります。

また、同じく移住・定住を目的として、都城市にレンタカーで訪れた際の、レンタカー借上げ費用の補助が可能です。

第2次選考の面接試験の際に是非ご利用いただき、都城市の様子を肌で感じてみませんか。

第1次選考の合格通知の際に利用予定をお聞きしますので、是非ご検討ください。

隊員決定通知

面接終了後に、通知します。

※住民票の異動は、必ず委嘱日以降に行ってください。それ以前に住所を異動させると、応募対象者ではなくなり、採用取り消しになる場合がありますので、ご注意ください

 

募集要項と応募用紙

募集要項 (PDFファイル/198.03キロバイト)

応募用紙(様式1、様式2) (Wordファイル/39.5キロバイト)

 

申し込み・問い合わせ

〒885-8555

宮崎県都城市姫城町6-21

都城市総合政策部総合政策課 地方創生担当

電話:0986-23-7161

ファクス:0986-23-2675

メール:planning@city.miyakonojo.miyazaki.jp


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 総合政策課(本館4階)

電話:0986-23-7161
 ファクス:0986-23-2675

メールでの問い合わせ