ホーム > くらし > 移住(UターンやJターンなど)・定住の促進 > 定住の促進 > 高校生と地元企業の架け橋に!「企業巡見」の実施について

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介
UターンやIターンなどの情報
UターンやIターンなど、都城市への移住に関する情報
地域おこし協力隊
移住に関する情報などを全国の皆さんにお知らせします
定住の促進

高校生と地元企業の架け橋に!「企業巡見」の実施について

市では、高校生などが地元企業を知り、地元企業への就職を促進するために、企業見学バスツアー、いわゆる「企業巡見」に取り組んでいます。ここでは、その取組をご紹介します。

現状と課題

都城市では、転出者が転入者を上回る「社会減」が続いており、特に進学、就職期の15歳~24歳の転出超過が顕著になっていて、若年層の転出抑制が喫緊の課題です。

市内の実業系高校などへのアンケート結果では、就職先を特定していない学生が相当数いる一方で、地元企業などへのアンケート結果では、人材確保に向けて市内の高校などに求人案内の送付やインターシップに取り組む企業が多いにも関わらず、特にアプローチを行っていないと回答する企業が相当数あることが分かりました。

 

目的

地元企業と市内の高校などとタイアップして、高校生などに対して地元企業の情報を的確に発信することにより、地元に定着する高校生などを増やすとともに、地元企業における人材確保を図ることを目的としています。

 

事業内容

内容

市内の高校などの生徒および教員がバスなどに乗り合わせて、地元企業を巡って地元企業に対する理解を深めます。

参加対象者

市内の高校などに意向調査を行った結果、平成27年度は次の4校が実施しています。

  • 都城工業高等学校
  • 都城高等学校
  • 南九州大学
  • 都城コアカレッジ

受入企業

市内に本店、支店または事業所を有する企業が対象となります。

参考

事業概要チラシ (PDFファイル/206.48キロバイト)

 

企業巡見の様子

各校の企業巡見の様子の一部をご紹介します。ご協力いただいた企業のみなさま、ありがとうございました。

南九州大学

環境園芸学科の生徒さんが霧島酒造(上川東)を訪問

企業担当者からの説明を聞いています

企業担当者からの説明

焼酎粕等のリサイクルの仕組みについても説明を受けました

企業担当者からの説明2

バイオガスプラント内を見学

工場内を見学2

都城高等学校

情報ビジネス科の生徒さんが株式会社日東(早鈴町)を訪問

企業担当者からの説明を聞いています

企業担当者からの説明

都城高等学校の卒業生からの就職に関するアドバイスもありました

OBから就職に関するアドバイス

 

都城コアカレッジ

情報デザイン科の生徒さんが日本情報クリエイト株式会社(上町)を訪問

事業所内を見学

事業所内を見学

 

企業担当者による会社概要の説明

企業担当者からの説明2

 

都城工業高等学校

都城工業高等学校機械科の先生がマトヤ技研工業(梅北)を訪問

企業担当者からの説明を聞いています

 企業担当者からの説明

工場内を見学

 工場内を見学


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 総合政策課(本館4階)

電話:0986-23-7161
 ファクス:0986-23-2675

メールでの問い合わせ