ホーム > 健康と福祉 > 医療・健康 > 予防接種 > 予防接種などの注射器連続使用で、B型肝炎ウイルスに感染した人への給付金制度

健康と福祉

予防接種などの注射器連続使用で、B型肝炎ウイルスに感染した人への給付金制度

出生時の母子感染のほか、昭和60年代初頭までに、集団予防接種などの際に行われていた注射器の連続使用が原因で、多くの人がB型肝炎ウイルスに感染したと言われています。対象となる人に対して給付金などが支給される制度があります。

制度の内容は、次のとおりです。

給付金などの対象となる人

給付金などの対象となる人は、次の(1)から(4)の全ての条件を満たす人です。

なお、対象となる方から母子(父子)感染している人や対象者の相続人も、対象となります。

 (1)B型肝炎ウイルスに持続感染している人

 (2)満7歳になるまでに集団予防接種を受けた人

 (3)昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に、集団予防接種を受けた人

 (4)集団予防接種以外の感染原因(母子感染・輸血など)がない人

 

給付金を受け取るための手続

給付金を受け取るためには、救済の条件を満たしていることと、病気の状態を証明するために医療機関などから必要な証拠を集め、国を相手とした訴訟の手続きを行う必要があります。

 

制度に関する詳しい内容

厚生労働省ホームページに掲載されていますので、覧下さい。また、厚生労働省の電話相談窓口もありますので、必要に応じてご連絡ください。

厚生労働省ホームページ

http://www.mhlw.go.jp/  (「B型肝炎訴訟」で検索下さい。)

厚生労働省電話相談窓口

電話:03-3595-2252

年末年始を除く、平日の午前9時~午後5時)

 

その他

案内チラシ(制度に関する案内文書 (PDFファイル/1.47メガバイト) )をご覧ください。


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:健康部 健康課(本館2階)

電話:0986-23-2765 ファクス:0986-23-4846

メールでの問い合わせ