ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化・スポーツ振興 > 民俗芸能 > 東剣舞踊り(つまけんぶおどり)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

東剣舞踊り(つまけんぶおどり)

起こりと伝承は不明ですが、大正初期から踊られていて、地区の安藤八二、黒田善左衛門らが他県に行って習ってきたとも言われています。昭和15年の町制施行記念行事で復活発表され、現在も伝承されています。

6人一組で踊り、唄、動作とも町内に伝わる棒踊りに似ているといわれています。

※参考:高崎町史

伝承地

高崎町東霧島


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 コミュニティ文化課(本館2階)

電話:0986-23-7146 ファクス:0986-21-3034

メールでの問い合わせ