ホーム > くらし > 移住(UターンやJターンなど)・定住の促進 > UターンやIターンなどの情報 > 都城市お試し滞在事業宿泊費助成制度

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介
UターンやIターンなどの情報
UターンやIターンなど、都城市への移住に関する情報
地域おこし協力隊
移住に関する情報などを全国の皆さんにお知らせします
定住の促進

都城市お試し滞在事業宿泊費助成制度

都城市では、都城市に移住し、定住することを目的に訪れる方に対して、宿泊費の一部を助成する「都城市お試し滞在事業宿泊費助成」を創設しました。

都城市への移住を検討されている皆様、この事業を活用して都城市の生活環境を味わってみませんか。

助成対象者

市外に住所がある方のうち、都城市への移住・定住を目的とした次の活動のための訪れる方を対象とします。ただし、都城市内に親が居住し、その親が居住する住宅に宿泊できる場合を除きます。

  • 市内で住居または仕事を探す活動
  • 市に移住し、または就業することを前提として、市内で実施されている体験活動等に参加する活動
  • 市で就農するための視察または体験を行う活動
  • 移住活動の一環として、市の文化、歴史並びに風土および気候を知るための活動
  • その他、市長が特に必要と認める活動

 

対象宿泊施設

 

助成額と手続き

助成額

原則として、1泊の自己負担額を1人当たり2,000円とし、残り宿泊に要する金額を助成します。

手続きの流れ 

  1. この助成を活用する方(助成対象者)は、市に滞在する予定の1か月前までに、対象宿泊施設の空き状況を確認の上、助成券交付申請を行う。
  2. 助成券交付申請に基づき、適当と認める場合は、市は助成対象者に助成券を交付する。
  3. 助成対象者は、宿泊当日のチェックインの際に助成券を提示する。
  4. 助成券の提示があった場合、対象宿泊施設は1泊の自己負担額1人あたり2,000円のみを徴収する。
  5. 対象宿泊施設は、後日、助成額分を市に請求し、市は対象宿泊施設に当該助成額分を支払う。

参考

助成額と手続きの流れ (PDFファイル/238.82キロバイト)

 

要項・様式

要項

都城市お試し滞在事業宿泊費助成要項 (Wordファイル/38.5キロバイト)

様式

お試し滞在事業宿泊費助成券交付申請書 (Wordファイル/35.5キロバイト)(助成対象者→市 滞在の1か月前まで)

お試し滞在事業宿泊費助成券 (Wordファイル/33キロバイト)(市→助成対象者)

お試し滞在事業実績報告書 (Wordファイル/33キロバイト)(助成対象者→市 滞在後1か月以内)

 

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 総合政策課(本館4階)

電話:0986-23-7161
 ファクス:0986-23-2675

メールでの問い合わせ