ホーム > よくある問い合わせ > 住民票・戸籍・印鑑 > 住民票・各種証明の発行 > 戸籍の附票は、5年で廃棄されるのですか

よくある問い合わせ

戸籍の附票は、5年で廃棄されるのですか

質問

車の廃車手続きで、住所の履歴を証明するために戸籍の附票を取って下さいと言われましたが、附票はとれますか? 「5年で廃棄されている場合もありますので、市町村に問い合わせてください」と言われたのですが。

回答

住所の履歴を証明する場合、申請する人の必要な住所がどの附票に記載されているかは、戸籍が作られた日など(戸籍編製年月日)によって異なります。

そのため、交付請求書に「どこからどこまでの住所の履歴が必要なのか」を詳しく記入ください。

また、必要とする戸籍の附票が複数にまたがる場合もあります。戸籍の附票が複数にまたがる場合は、手数料もそれに伴い、複数枚分必要になりますので留意ください。

戸籍の附票の保存年数について

戸籍の附票の保存年数については、下記の通りです。

現在の戸籍の附票

都城市に本籍地のある人が請求できます。

コンピューター化される前の戸籍の附票

戸籍情報がデータ化される前に除籍(亡くなったり、結婚して除籍になったり、転籍した場合)になったときの保存期間は5年です。

保存期間を経過した附票の発行はできません。なお、この場合、廃棄証明書を発行しますので、必要な人は請求してください。廃棄されているか分からない場合はご請求していただければ、調査します。


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関するお問い合わせ先:市民生活部 市民課(本館1階)

電話:0986-23-2128 ファクス:0986-26-1405

メールでのお問い合わせ