ホーム > 健康と福祉 > 地域福祉 > 民生委員・児童委員の活動紹介 > 民生委員・児童委員および主任児童委員

健康と福祉

医療・健康
予防接種や健康づくり、健康診査、急病の場合などの情報
高齢者医療
後期高齢者医療制度の概要や手続きなど
高齢者のための福祉
高齢者の生きがいづくりや福祉施設、助成制度、シルバー人材センターなどの情報
障がい者のための福祉
障がいのある人のための助成制度や医療制度など
生活保護
生活保護に関すること
地域福祉
ボランティアや救援物資に関すること
社会福祉法人
社会福祉法人の監査事務に関すること
健康福祉施設一覧
福祉に関する施設

民生委員・児童委員および主任児童委員

日々の生活の中で、心配ごとや悩みごとがあるときは、各地区の民生委員・児童委員に相談ください。

民生委員・児童委員 名簿 (PDFファイル/388.53キロバイト)

 

民生委員・児童委員および主任児童委員の役割

民生委員・児童委員

民生委員は、民生委員法に基づき厚生労働大臣より委嘱され、社会福祉の増進に努める無報酬の制度ボランティアです。また、民生委員は児童福祉法に基づき児童委員を兼ねているため、「民生委員・児童委員」と呼ばれています。

民生委員・児童委員は、それぞれ区域を受けもち、1人暮らしの高齢者をはじめ、身体の不自由な人や生活に困っている人、子育て家庭など、支援を必要とする人の悩みごとや心配ごとの相談に応じ、市や関係機関との「つなぎ役」として幅広い活動を行っています。

主任児童委員

主任児童委員は、子どもや子育てに関することを専門に活動しています。児童福祉に関する関係機関と、児童委員との連絡調整を行うとともに、児童委員の活動に対する援助や協力を行っています。 

社会調査 

担当地区内の各家庭を訪問して生活状態の把握に努めています。

相談・情報提供

援助を必要とする人のために、生活に関する相談に応じ、助言などを行うとともに、福祉サービスに関する情報の提供を行います。

生活支援

社会福祉事業者などと連携し、その活動を支援します。

調査協力

福祉事務所や関係行政機関の業務や調査などに協力します。

地域福祉

地区社会福祉協議会などが実施する地域福祉の増進に関する活動に協力します。 

 

現在の民生委員・児童委員および主任児童委員の任期

平成28年11月30日で任期満了を迎えた民生委員・児童員および主任児童委員の一斉改選が行われました。現在の委員は、平成28年12月1日から令和元年11月30日までの3年間が任期です。 

 

欠員地区

平成28年度の一斉改選において、候補者が見つからず欠員になっている地区があります。その地区においては、各種の福祉活動に支障が出る恐れがありますので、早急に民生委員・児童委員を確保する必要があります。欠員となっている地区の候補者の推薦について、皆さんの情報提供をお願いします。

 

相談したいときは

民生委員・児童委員には守秘義務があります。

福祉に関する悩みごとや心配ごとがありましたら、一人で悩まず、地域の身近な相談役である民生委員・児童委員に安心して相談ください。

民生委員・児童委員 名簿 (PDFファイル/388.53キロバイト)

 

住んでいる地区の民生委員・児童委員を知りたいとき 

市民生委員児童委員協議会事務局

電話:0986-25-2123

福祉課

電話:0986-23-2980

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:福祉部 福祉課(本館1階)

電話:(地域福祉・障害福祉担当)0986-23-2980
(高齢福祉担当)0986-23-3102 ファクス:0986-24-1188

メールでの問い合わせ