ホーム > 健康と福祉 > 医療・健康 > 予防接種 > 高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

健康と福祉

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

2014年10月1日から高齢者の肺炎球菌感染症予防接種が定期の予防接種になりました。この予防接種で一部の肺炎の発症や重症化を予防することができます。

 

肺炎球菌とは

肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、肺血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。肺炎はわが国の死亡原因第3位の疾患です。また、日常的に生じる成人の肺炎のうち4分の1から3分の1は肺炎球菌が原因と考えられています。

 

肺炎球菌感染症予防接種について

実施期間

2019年4月1日(月曜日)~2020年3月31日(火曜日)

※実施時間は、原則、医療機関の診療時間の範囲内

接種場所

実施医療機関

※事前に予約が必要な医療機関があります

2019年度 肺炎球菌感染症予防接種実施医療機関 (PDFファイル/105.57キロバイト)

対象者

過去に23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の接種を受けたことがない人で、次に該当する都城市民

2019年度に次の年齢になる人
  • 65歳(昭和29年4月2日から昭和30年4月1日までに生まれた方)
  • 70歳(昭和24年4月2日から昭和25年4月1日までに生まれた方)
  • 75歳(昭和19年4月2日から昭和20年4月1日までに生まれた方)
  • 80歳(昭和14年4月2日から昭和15年4月1日までに生まれた方)
  • 85歳(昭和9年4月2日から昭和10年4月1日までに生まれた方)
  • 90歳(昭和4年4月2日から昭和5年4月1日までに生まれた方)
  • 95歳(大正13年4月2日から大正14年4月1日までに生まれた方)
  • 100歳(大正8年4月2日から大正9年4月1日までに生まれた方)

※上記の生年月日の人は、誕生日を迎えていなくても実施期間内であれば接種できます

100歳以上の人(2019年度のみ)  
60歳以上65歳未満の人で、次に該当する人

心臓、腎臓、呼吸機能に障害がある人、またはヒト免疫不全ウイルスの影響で免疫機能に障がいがある人で極度に日常生活が制限されている人(身体障がい者手帳1級相当)

※医師の診断書または身体障害者手帳の写しが必要

接種料金(自己負担額)

2,500円(予防接種を受けた医療機関で支払い)

※生活保護世帯に属する人は、医療機関へ生活保護受給証明書(原本)を提出することで接種費用が免除となります

実施回数

1人1回

持っていくもの 

  • 予防接種券はがき(紫色)
  • 健康保険証やマイナンバーカード等の身分証明書

 

予防接種を受ける前の注意

  • 体調の良い時に接種しましょう。
  • けいれんを起こしたことがある人などは接種前に医師と相談ください。

次のいずれかに該当する人は、予防接種を受けることができません

  • 過去に「ニューモバックスNP」と呼ばれる接種液の肺炎球菌感染症予防接種を受けたことがある人
  • 明らかに発熱がある人(一般に37.5度以上)
  • 重い急性疾患にかかっている人
  • 予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシー症状(激しいアレルギー反応)を起こしたことがある人

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:健康部 健康課(本館2階)

電話:0986-23-2765 ファクス:0986-23-4846

メールでの問い合わせ