ホーム > くらし > 住まい・道路 > 都市計画 > 景観条例に基づく届け出

ホーム > 市政を身近に > 計画・施策 > まちづくりに関する計画 > 景観条例に基づく届け出

ホーム > 事業者向け情報 > 市の計画 > まちづくりに関する計画 > 景観条例に基づく届け出

ホーム > 事業者向け情報 > 都市計画・建築指導 > 都市計画 > 景観条例に基づく届け出

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
平成27年度に実施するプレミアム付き商品券事業に関する情報のお知らせです
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介

景観条例に基づく届け出

自然環境や歴史に培われた「都城の景観」を活かし、町の魅力を向上させていくために、景観法(平成16年法律第110号)に基づく「都城市みどりと景観のまちづくり計画」を策定し、景観条例の改正を行いました。

良好なみどりと景観を形成するための取組の一つとして、周囲の景観に大きな影響を及ぼす行為について、景観条例に基づく届出を義務付けます。

※ 計画につきましては、みどりと景観のまちづくり (サイト内のページへリンク)を参照ください

届出に関する地区区分

届出対象区域は市域全体です。

届出においては、区域全体を「山間部・農村部」を構成する『自然・田園区域』と、「市街地」を構成する『市街地区域』との2つの地区に区分し、それぞれに届出制度と景観形成基準を定めます。

地区区分

範 囲

考え方

市街地区域

旧都城市の用途地域

・市街地のみどりと景観

自然・田園区域

それ以外の地域

・山間部及び田園風景が広がる

農村部のみどりと景観

 

届出対象となる行為とその規模

以下の各行為について、届出を義務づけます。

届出の要否について判断がつきかねる場合は、お気軽に御相談ください。

 

自然・田園区域

(市街地区域以外の地域)

市街地区域

(旧都城市の用途地域)

建築物の建築等

高さ10メートル以上または

延床面積500平方メートル以上

高さ12メートル以上または

延床面積1,000平方メートル以上

工作物の建設等

高さ6メートル以上(建築物と一体となって

設置される場合については高さ12メートル以上)

開発行為

開発区域面積1,000平方メートル以上

屋外における

物件の堆積

堆積を行う区域の敷地面積500平方メートル以上

かつ堆積高さが1.5メートルを超えるもの

かつ堆積期間が6ヶ月を超えるもの

 ※建築物の建築など

新築、増築、改築または移転、外観を変更することとなる修繕もしくは模様替または色彩の変更

※工作物の建設など

   新設、増設、改設または移転、外観を変更することとなる修繕もしくは模様替または色彩の変更

※開発行為など

   都市計画法第4条12項に該当する開発行為

届出の流れ

(1)  届出

景観法により、届出後30日は行為の着手が禁止されますので、行為着手の30日前までに届出が必要です。

(2)  適合通知の送付

届出内容が景観形成基準を満たしていれば、適合通知(都城市景観計画区域内行為着手制限期間短縮通知書)を送付します。

(3)  行為着手と完了通知の提出

適合通知の受領後に行為に着手し、完了後に完了届を提出してください。

※建築確認申請やその他法律に係る手続きは、別途行う必要があります。

※原則、届出後30日間は行為の着手ができません。(行為の着手制限:景観法第18条)

※届出内容が景観形成基準を満たしていなければ、勧告、変更命令を行う場合があります。従わない場合は氏名等を公表する場合があります。

※届出を行わなかった場合等は、行為者及び施主に景観法に基づく罰則が適用される場合があります。

景観形成基準

景観形成基準の概要は次のとおりです。基準では周辺の景観との調和、建築設備等の配置に関する配慮、敷地内の緑化等について定めています。

※「自然・田園区域」では、景観の保護保全を行うために、建築物の色彩について、日本工業規格のJIS(ジス) Z 8721(色の表示方法-三属性による表示)に基づくマンセル値を用いた色彩の制限を行います。

建築物

◆高さや形態・意匠、素材、色彩は、周辺の自然環境やまちなみと調和するよう配慮する。また、自然・田園区域では、背景となる山並みの稜線を分断しない高さとする。

◆自然・田園区域では、色彩はマンセル値により色相R(赤)、YR(黄赤)、Y(黄)は彩度6以下、その他の色相は4以下とする。

◆公共の場から見える場所は緑化に努める。また、市街地区域では、透水性が保たれるよう舗装を最小限にとどめ、オープンスペースは、緑化に努める。

◆室外機や高架水槽などの建築設備、配管やダクトなどは、公共の場から見えない位置に設置する。

◆駐車場、駐輪場、ごみ集積所などは、公共の場からできる限り見えないように設置する。

◆公共の場に接する場所の塀や柵などは、植栽、透過性のもの、自然素材のものなどを用いる。

工作物

◆擁壁、垣(生垣を除く)、柵、塀などは緑化し、構造物の見えがかりを少なくする。

◆その他の工作物については、建築物の基準に準拠する。

開発行為

◆大きな造成は避け、極力地形を活かした造成とする。

◆木々の伐採も極力抑え、所々に現況のみどりを残す。造成後は、緑化を行う。

屋外における

物件の堆積

◆堆積場所は、多くの人が見ることができる所から離すとともに、植樹や緑化された塀により見えにくいように遮蔽する。

◆堆積については、整然と行い、また、高くならないよう分散して堆積する。

駐車場の設置

◆出入口を除く接道部分は植樹帯を設置し、敷地内は緑化を行う。

 

届出の様式

届出に必要な書類の確認及び様式のダウンロードにつきましては、下記リンク先のページ(サイト内のページへリンク)を利用してください。

一定規模以上の建築物の建築等、工作物の建設等、開発行為、物件の堆積を行おうとするとき【都城市みどりと景観のまちづくり条例第15条】

参考資料

 みどりと景観に関する届け出の内容、基準について(パンフレット) (PDFファイル/2メガバイト)

 都城市景観形成ガイドライン(景観形成に関する指針) (PDFファイル/3.7メガバイト)


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:土木部 都市計画課(本館3階)

電話:0986-23-2762 ファクス:0986-23-2654

メールでの問い合わせ