ホーム > 子育てと教育 > 幼稚園・保育所(園) > 認可保育所(保育園) > 平成30年度の保育所と認定こども園の入所手続き

ホーム > かんたん検索 > 育児 > 子どもを預ける > 保育園に入園したい > 平成30年度の保育所と認定こども園の入所手続き

子育てと教育

子育て支援
児童手当や乳幼児医療費助成、食育などの子育てを支援する情報
子育てに関する相談
子育てに関するいろいろな悩みごと相談
妊娠・出産
妊婦健康診査助成券や赤ちゃん健康相談などの情報
子どもの健康
各種予防接種に関する情報
幼稚園・保育所(園)
幼稚園、保育所の入所手続きや病後児、一時保育などの情報
学校教育
小・中学校や高等教育機関の情報
放課後の子育て支援
家庭に代わる放課後の子どもの見守り情報
教育委員会
教育委員会の方針や概要
食育
子どもから高齢者までの食育に関すること
子育てと教育施設一覧
児童遊園、児童プール、放課後児童クラブなどの施設

平成30年度の保育所と認定こども園の入所手続き

平成30年度に保育所、認定こども園(保育部分)の利用を希望する人への入所説明会と申込方法をお知らせします。

 

新年度入所説明会

日時

平成29年10月26日(木曜日) 午前11時~

場所

都城市役所地下1階 市民健康センター

内容

初めて保育所や認定こども園等を利用される方を対象とした説明会です。申込書の配布等は行いますが、申し込み受付は行いませんのでご了承ください。

 

新年度入所の申込方法

保育所、認定こども園(保育部分)の利用を希望する人は、2号認定または3号認定となります。次の要領により申し込みください。

※幼稚園、認定こども園(教育部分)の利用を希望する人は、1号認定となります。認定および入所(園)申込は、施設へ直接申し込みください。申込期間や手続きなどは、直接施設へ問い合わせください。

H30年4月入所のしおり (PDFファイル/3.17メガバイト) 

 

受付期間  

平成30年4月1日・16日 入所希望の場合

平成29年11月1日(水曜日)~12月15日(金曜日)

※11月1日(水曜日)より前は受け付けできません。上記期間以降も随時、受け付けますが、期間内に申し込んだ人を優先します。なお、申し込み前に、入所を希望する保育所(園)や認定こども園を見学してください

それ以外の時期に入所希望の場合(随時の入所)

入所(園)日は、原則として毎月1日または16日。入所(園)を希望する月の前月1日までに申請ください。

※申し込み前に、入所を希望する保育所(園)や認定こども園を見学してください

 

申込書配布・受付場所  

平成29年10月13日(金曜日)から配布 保育所、認定こども園または都城市役所保育課

※各総合支所市民生活課では、配布のみ行います。各地区市民センターでは配布、受け付けともに行いません

 

保育の必要な事由の例

  • 就労
  • 妊娠・出産
  • 疾病・障がい
  • 介護
  • 災害復旧
  • 求職活動
  • 就学 など

 

入所の決定

入所の決定は、保育の必要性の事由に基づく基本指数や困窮度、公平性から算定する調整指数を用いて調整を行い、市が決定します。

定員を超えた場合は、希望する保育所などに入所できないこともあります。

 

提出書類

 平成30年度支給認定申請書

H30年度 支給認定申請書 (PDFファイル/206.57キロバイト)

児童1人につき1部提出してください。

平成29年度市区町村民税所得課税証明書

平成30年4月から8月までの保育料は平成29年度市民税に応じて決まります。提出が必要な場合と必要ない場合がありますので、次の区分により確認ください。

平成29年1月1日以前から都城市にお住まいで、所得税または市民税の申告を行っている世帯

課税証明提出の必要はありません。保育課が市民税の情報を確認します。 

平成29年1月2日以降に都城市に転入された世帯

課税証明書の提出が必要です。

転入元の市区町村で市民税が課税されているため、保育課が市民税を確認することができません。平成29年1月1日現在に住所があった市区町村役場で課税証明を発行しますので、該当する市区町村役場に問い合せ下さい。

平成29年度の税申告が済んでいない人

保育課が市民税を確認できません。速やかに申告を行ってください。市民税が確定するまでは最高額の保育料となります。税申告については市民税課にご相談ください。 

障がい者手帳(身体・知的・精神)の写し、特別児童扶養手当受給者証の写し

対象者のいる世帯は、所得により保育料が軽減される場合がありますので提出してください。

在園証明書

上のお子さんが幼稚園、特別支援学校幼稚部(さくら聴覚支援学校)、児童発達支援(都北学園、ひかり園)などを利用をしていて、これまでに在園証明書を提出したことがない世帯は、保育料の軽減を受けることができますので在園証明書を提出してください。

これまでに在園証明書を提出している世帯、認定こども園を利用している世帯は、保育課が調査、確認しますので提出の必要はありません。

就労証明書

父母が仕事をしていることを証明するための書類です。仕事の種類によって証明書の種類が異なりますので、次の区分により確認ください。

事業所などに就労しているため保育が必要な場合

H30年度 就労証明書 (PDFファイル/258.27キロバイト)

自営業または農業をしているため保育が必要な場合

H30年度 就労証明書(自営業) (PDFファイル/185.74キロバイト)

内職などをしているため保育が必要な場合
内職従事申告書 (PDFファイル/174.74キロバイト)

H30年度 保育が必要な要件申立書(求職) (PDFファイル/178.35キロバイト)

求職中(仕事を探している)により家庭で保育できない場合に提出が必要です。

※保育期間は3カ月以内とし、延長はしません。

また、求職活動状況申告書 (PDFファイル/93.56キロバイト)に求職活動の記録をする必要があります。仕事が見つかった際に就労証明書と合わせて提出ください。

H30年度 保育が必要な要件申立書(出産等) (PDFファイル/155.1キロバイト)

仕事、求職以外の理由で家庭で保育できないことを申し立てる書類です。その理由により必要な添付書類が異なりますので、次の区分により確認ください。

母親が妊娠中または出産後で保育が必要な場合
母子健康手帳の保護者氏名と出産予定日が記載されている欄の写し
※出産月をはさんで産前産後各2カ月の計5カ月以内で預けられます
保護者が病気・負傷または心身に障がいがあり、長期にわたり入院や通院等の治療を要する場合疾病・障がい申立書 (PDFファイル/186.51キロバイト)

診断書、身障者手帳の写しなど

長期にわたり親族を介護・看護するため、児童の保育ができない場合

診断書、身障者手帳の写しなど

学校などへ就学、火災などの復旧のため児童の保育ができない場合

在学証明書やり災証明書など

 

 

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:福祉部 保育課(本館1階)

電話:0986-23-4894 ファクス:0986-23-2788

メールでの問い合わせ