市外の皆さま向け観光と行政情報

歴史と名所旧跡


祝吉御所跡(いわよしごしょあと)

祝吉御所

平安時代の中ごろ、日向・大隅・薩摩三国にまたがる日本一の大荘園であった「島津荘(しまづのしょう)」の中心として栄えた都城。

鎌倉時代に入り、島津荘を任された惟宗忠久(これむねただひさ)が、この荘園の拠点としてこの地に構えたのが祝吉御所跡といわれています。

地図

PR情報ふるさと納税ネットショップ都城の見どころおすすめコースエリア情報グルメ&特産品遊ぶ・体験 宿泊&温泉合宿情報