市外の皆さま向け観光と行政情報

工芸品


国の伝統的工芸品「都城大弓」 (みやこのじょうだいきゅう)

都城大弓「都城大弓」は、豊かな大自然が育んだ真竹と櫨(はぜ)を原料として作られています。

製造方法は江戸時代初期に確立されたと言われ、200から300を超える工程は、そのほとんどが手作業で、一人前の弓師になるには10年以上の歳月が必要といわれています。平成6年には国の伝統的工芸品に指定さ れ、現在8人の国の伝統工芸士がいます。現在でも全国トップの竹弓の生産量を誇っています。

都城大弓は、宮崎県の伝統的工芸品にも指定されています。 平成14年には、皇太子殿下・雅子様が、弓製造の実演視察にもお越しになられました。

 

関連情報

 都城弓製造業協同組合のホームページ(サイト外ページへリンク)

 

 

都城大弓の作成風景

皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

PR情報ふるさと納税ネットショップ都城の見どころおすすめコースエリア情報グルメ&特産品遊ぶ・体験 宿泊&温泉合宿情報