ホーム > 健康と福祉 > 障がい者のための福祉 > 障害のある人のための助成制度 > 特別障害者手当

ホーム > かんたん検索 > 障がい・介護 > 障がい者制度 > 手当て、助成などについて知りたい > 特別障害者手当

健康と福祉

医療・健康
予防接種や健康づくり、健康診査、急病の場合などの情報
高齢者医療
後期高齢者医療制度の概要や手続きなど
高齢者のための福祉
高齢者の生きがいづくりや福祉施設、助成制度、シルバー人材センターなどの情報
障がい者のための福祉
障がいのある人のための助成制度や医療制度など
生活保護
生活保護に関すること
地域福祉
ボランティアや救援物資に関すること
社会福祉法人
社会福祉法人の監査事務に関すること
健康福祉施設一覧
福祉に関する施設

特別障害者手当

 

20歳以上で著しく重度の障がいのため、日常生活において常時特別の介護を必要とする状態で、要件に該当する障がいが2つ以上あるか、それと同等以上の状態である人に支給されます。なお、認定は定められた様式を用いて、医師の診断による診断書に基づき行われます。

※施設(グループホーム、住宅型有料老人ホームは除く)に入っている場合や病院に継続して3カ月以上入院している場合は支給されません。また、本人、配偶者または扶養義務者の前年の所得が一定額以上の場合は、支給が停止されます。

 なお、施設とは法に規定する施設になります。詳しくは福祉課にお問合せください。

特別障害者手当の障害要件

  • 両眼の視力の和が0.04以下の人(矯正視力による)
  • 両耳の聴力レベルが100デシベル以上の人
  • 両上肢の機能に著しい障がいを有する人、または両上肢のすべての指を欠く人、もしくは両上肢のすべての指を欠く人、もしくは両上肢の全ての指の機能に著しい障がいを有する人
  • 両下肢の機能に著しい障がいを有する人、または両下肢を足関節以上で欠く人
  • 体幹の機能に座っていることができない程度、または立ち上がることができない程度の障がいを有する人
  • 前各号に掲げるもののほか身体の機能の障がい、または長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同等以上と認められる状態であって、日常生活に支障のある人
  • 精神の障がいであって、前各号と同等以上と認められる程度の人

手当額

月額 27,200 (平成31年4月1日~) ※支給額は年度によって見直しがあります

手続きに必要なもの

  1. 特別障害者手当認定請求書
  2. 特別障害者認定診断書 ※申請される1ヶ前月に作成されたものに限ります
  3. 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(所持者のみ)
  4. 年金・恩給等を受給されている人は、その証書または振込通知書
  5. 障がい者名義の通帳
  6. 印かん(スタンプ式印鑑を除く)
  7. マイナンバー確認書類

本人申請の場合

1マイナンバーカードを作成している場合

マイナンバーカードのみ

2マイナンバーカードを作成していない場合

通知カードまたは個人番号が記載された住民票の写しと写真付きの身分証明書(運転免許証、各種手帳(身体・療育・精神)など)を1つ

3写真付きの身分証明書がない場合

通知カードまたは個人番号が記載された住民票の写しと氏名・住所が確認できる証明書(健康保険証、年金手帳、介護保険の被保険者証、児童扶養手当証など)を2つ

※1、2、3のいずれかが必要です

 

代理人申請の場合

  • 本人のマイナンバーカード、通知カードまたは本人の個人番号が記載された住民票写し、個人番号が確認できるもの
  • 本人の身分証明書(上記、本人申請の場合の1、2、3参照)
  • 代理人の身分証明書(写真付きの身分証を1つまたは氏名・住所が確認できる証明書を2つ)

   

 

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:福祉部 福祉課(本館1階)

電話:(地域福祉・障害福祉担当)0986-23-2980
(高齢福祉担当)0986-23-3102 ファクス:0986-24-1188

メールでの問い合わせ