ホーム > 産業 > 農業 > 鳥獣被害防止対策 > 鳥獣被害防止対策

ホーム > 事業者向け情報 > 農業 > 鳥獣被害防止対策 > 鳥獣被害防止対策

産業

商工業
就職支援や労働相談、事業者への支援制度、伝統工芸などの情報
畜産業
市の畜産業の状況や家畜防疫対策などの情報
農業
農業振興のための施策や農地の売買などの情報
畑地かんがい事業
畑地かんがい事業の概要や散水器具などについての紹介
林業
森林保全に関する計画や林業に関する届け出など
商工業・農業施設一覧
公設地方卸売市場や農業、畑地かんがいに関する施設

鳥獣被害防止対策

鳥獣被害の現状

近年、中山間地域を中心に、サル、シカ、イノシシなどの野生鳥獣による農作物などへの被害が拡大していて、深刻な問題となってきています。都城市においても、北部中山間地域である山之口、高城、高崎そして西岳地区でこれらの被害が拡大しています。

被害が拡大している原因は、戦後の拡大造林の弊害や、管理されない人工林が増加したことから、餌を求める群れの行動範囲が広がった結果、生態系に変化がおこったことが考えられます。

また、山林や畑周辺部に無造作に放置された収穫後の食物残さや果樹など、人が作った野生鳥獣の餌場が増えたことや、人に慣れた野生鳥獣が増えたことなどの人的な要因も影響しているようです。

被害対策

都城市では、平成21年度に「都城市鳥獣被害防止対策協議会」を設置していて、鳥獣被害防止特措法に基づいて「都城市鳥獣被害防止計画(サイト内のページへリンク)」を策定して、被害防止に係る事業を推進しています。

 

鳥獣ごとの対策

野生サル対策


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:環境森林部 森林保全課(本館5階)

電話:0986-23-2152 ファクス:0986-23-2681

メールでの問い合わせ