ホーム > 子育てと教育 > 子育て支援 > 子育てに関する助成 > 児童手当

ホーム > かんたん検索 > 妊娠・出産 > 出産した > 手当て、助成などについて知りたい > 児童手当

ホーム > かんたん検索 > 育児 > 手当て・助成など > 子どもの手当て・助成などについて知りたい > 児童手当

ホーム > かんたん検索 > 引っ越し > 都城市に転入する > 子どもがいる > 児童手当

ホーム > かんたん検索 > 引っ越し > 都城市から市外へ転出する > 子どもがいる > 児童手当

ホーム > かんたん検索 > 引っ越し > 市内で転居する > 子どもがいる > 児童手当

子育てと教育

子育て支援
児童手当や乳幼児医療費助成、食育などの子育てを支援する情報
子育てに関する相談
子育てに関するいろいろな悩みごと相談
妊娠・出産
妊婦健康診査助成券や赤ちゃん健康相談などの情報
子どもの健康
各種予防接種に関する情報
幼稚園・保育所(園)
幼稚園、保育所の入所手続きや病後児、一時保育などの情報
学校教育
小・中学校や高等教育機関の情報
放課後の子育て支援
家庭に代わる放課後の子どもの見守り情報
教育委員会
教育委員会の方針や概要
食育
子どもから高齢者までの食育に関すること
子育てと教育施設一覧
児童遊園、児童プール、放課後児童クラブなどの施設

児童手当

児童手当は、次代の社会を担う児童の健全な育成および資質の向上を目的として、支給される手当です。 

 

支給額(月額)

0歳~3歳未満

15,000円(一律)

3歳~小学校修了前

第1子と第2子

10,000円

第3子以降

15,000円

中学生

10,000円(一律)

所得制限世帯

5,000円(一律)

 

 所得制限

扶養親族などの数

0人

所得金額622万円、収入額(目安)833.3万円

1人

所得金額660万円、収入額(目安)876.6万円

2人

所得金額698万円、収入額(目安)917.8万円

3人

所得金額736万円、収入額(目安)876.6万円

4人

所得金額774万円、収入額(目安)1002.1万円

5人

所得金額812万円、収入額(目安)1045.1万円

 

支給要件

  • 児童手当は、中学校終了までの児童を養育する生計維持者(子どもの父母のうち所得の高い人など)に支給されます。
  • 施設入所または里親委託の児童は、施設の設置者(理事長など)または里親へ支給されます。
  • 未成年後見人や父母指定者(父母が海外にいる場合)にも支給されます。
  • 離婚または離婚調停中(裁判所発行の書類が必要)である父母が別居している場合は、児童と同居している人への支給が優先されます。
  • 公務員は、勤務先からの支給となります。(独立行政法人を除く)
  • 原則として児童が国内に居住していることが要件となりますが、例外として「留学」の要件に該当すれば支給されます。留学の要件の詳細については、問い合わせください。

 

支給日

2月分~5月分

6月10日

6月分~9月分

10月10日

10月分~1月分

2月10日

※6月・10月・2月の10日が土曜日・日曜日の場合には、直前の平日が支給日となります

 

手続きの方法

出生・転入などによる請求

出生・転入などにより新たに受給資格が生じた場合、出生の場合は、出生日の翌日から15日以内、転入の場合は、転入予定日の翌日から15日以内に児童手当認定請求書の提出が必要です。

※15日目が土日、祝祭日など閉庁日の場合は、その翌日を15日目として扱います。また、公務員(独立行政法人を除く)は、勤務先での手続きとなりますので、勤務先へ問い合わせください。 

第1子の出生・転入などの場合   

児童手当認定請求書の提出が必要です。申請書はこども課または各総合支所にあります。 

請求に必要なもの
  1. 印鑑(認印でも可、スタンプ式印鑑は不可)
  2. 請求者(子どもの父母のうち所得の高い人など)の健康保険証
  3. 請求者名義の普通預金通帳またはキャッシュカード
  4. 請求者および配偶者のマイナンバーカードまたは通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写し
  5. 請求者および配偶者の身元の確認ができる書類
請求者(本人)が申請する場合

次の2種類が必要です。

  1. 番号確認書類(マイナンバーカードまたは通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写し)
  2. 身元の確認ができる書類
代理人が申請する場合

次の3種類が必要です。

  1. 請求者の番号確認書類(マイナンバーカードまたは通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写し)
  2. 請求者からの委任状(内容を満たしていれば任意様式でも可)
  3. 代理人の身元の確認ができる書類

 児童手当認定請求書 (PDFファイル/201.42キロバイト)

第2子以降の出生などの場合

額改定(増額)申請書の提出が必要です。申請書はこども課または各総合支所にあります。

申請に必要なもの
  1. 印鑑(認印でも可、スタンプ式印鑑は不可)

児童手当額改定届(請求書) (PDFファイル/137.21キロバイト)

児童と別居している場合

別居監護申立書の提出が必要です。児童の住所が市外の場合は、別居児童のマイナンバーカードまたは通知カードを提出ください。

 児童手当別居監護申立書 (PDFファイル/62.84キロバイト)

現況届

毎年、監護の状況・所得の状況を確認するために、現況届の提出が必要になります。6月に市から送付される案内を確認のうえ、忘れずに手続きをしてください。手続きをされない場合、6月以降の児童手当の支給が一時保留となりますので注意ください。 

他の市町村に転出する場合

他の市町村に住所が変わる場合には、都城市での児童手当の受給資格が消滅します。消滅届を提出してください。

児童手当受給事由消滅届 (PDFファイル/115.45キロバイト)

 

マイナポータルからも認定請求等が出来ます

平成30年6月1日からマイナンバーカードを用いてオンラインでの認定請求等が可能になりました。詳しくはマイナポータル(外部リンク)をご確認ください。

必要なもの
  • 受給者のマイナンバーカード
  • パソコン(ICカードリーダライタも必要)又はスマートフォン(対応機種のみ)

 

関連情報

児童手当の手続きにもマイナンバーカードが必要です(サイト内のページへリンク)

 

 問い合わせ

福祉部こども課

〒885-8555

都城市姫城町6街区21号

電話:0986-23-2684

ファクス:0986-23-2620

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:福祉部 こども課(本館1階)

電話:0986-23-2684(こども課) ファクス:0986-23-2620(こども課)

メールでの問い合わせ