ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(高城) > 観音瀬水路(かんのんぜすいろ)

ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(高崎) > 観音瀬水路(かんのんぜすいろ)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習やスポーツ団体などについての情報
文化振興
文化振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

観音瀬水路(かんのんぜすいろ)

県指定史跡

高崎町縄瀬・高城町有水

高崎町縄瀬上轟、高城町有水八久保間の大淀川の急流を観音瀬と呼びます。

江戸時代、観音瀬は一帯に広がる岩盤とその先端にある滝により、船の行き来ができない状態となっていました。

そのため、寛政3~5年(1791~1793)にかけて、船を通すために、長さ約90メートルの水路を掘る工事が行われました。これが現在も残る高崎側の水路です。また。明治22~23年(1889~1890)には高城側に県営事業としてもう一本の水路(写真・下段)が掘られました。

観音瀬・大正期 観音瀬・西から

観音瀬・明治水路から江戸水路 観音瀬・明治水路足場 観音瀬・明治水路構造物

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ