ホーム > 産業 > 農業 > 農業振興 > 認定農業者制度

ホーム > 産業 > 農業 > 農業経営の支援 > 認定農業者制度

ホーム > 事業者向け情報 > 農業 > 農業振興 > 認定農業者制度

ホーム > 事業者向け情報 > 農業 > 農業生産法人 > 認定農業者制度

産業

商工業
就職支援や労働相談、事業者への支援制度、伝統工芸などの情報
畜産業
市の畜産業の状況や家畜防疫対策などの情報
農業
農業振興のための施策や農地の売買などの情報
畑地かんがい事業
畑地かんがい事業の概要や散水器具などについての紹介
林業
森林保全に関する計画や林業に関する届け出など
商工業・農業施設一覧
公設地方卸売市場や農業、畑地かんがいに関する施設

認定農業者制度

頑張る認定農業者を応援します! 認定を受けるとこんなメリットがあります!

農地の優先的集積 

農用地の利用集積の意向を農業委員会に申し出ると、適切な農地のあっせんが優先的に受けられるので、規模拡大が行いやすくなります。

低利の融資

長期および低利の資金が、有利に借りれます。

※農業制度資金の詳しい内容は、農業制度資金(サイト内のページへリンク)をご覧ください。

農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)

農地や機械・施設の取得などに充てる長期資金

農業経営改善促進資金(スーパーS資金)

肥料や飼料などの購入に充てる短期運転資金 

 

税制上の特例

農業経営基盤強化準備金制度

水田経営所得安定対策、戸別所得補償モデル、農地・水・環境保全向上対策(営農活動支援)の導入に伴う交付金などを準備金として積み立てた場合、その積立金を損金算入できるとともに、その準備金を取り崩して農用地や農業用機械・施設などを取得した場合、圧縮記帳が可能です。

農業者年金の政策支援

認定農業者で青色申告者およびその者と家族経営協定を締結している配偶者や後継者を対象に、加入期間などの一定の要件に該当する場合は、月額2万円の掛け金に対し国から2~5割が補助されます。

 

専門家のアドバイス

農業専門委員が、認定農家を巡回して、農業経営改善計画の作成相談、経営改善情報の提供、経営指導・診断などを行っています。

 

認定農業者になるには

農業経営改善計画の作成と認定が必要です。

計画は5年毎に見直しを行います。

 農業経営改善計画の認定手続きの流れ

詳しい手続き内容については、農政課または各総合支所産業振興課へご相談ください。

申請

  • 農政課担当および農業専門委員がお手伝いします。
  • 5年後を見通して、自分の経営をどういう方向に改善・発展させていくのか、どのような方法で実現させていくかを見据えて経営プランをつくります。
  • 都城市では、年間農業所得610万円、年間労働時間1,900時間の計画を認定しています。   

   ※申請書様式はダウンロードが可能です。入力については記載例を御参照ください。

   ※申請時はA3用紙での提出となりますので御注意ください。

   申請書(個人用) (Excelファイル/60キロバイト)

   申請書(法人用) (Excelファイル/61.5キロバイト)

   記載例 (PDFファイル/277.22キロバイト) 

認定

農業経営改善計画認定審査会にて審査及び認定を行います。

経営改善

計画に基づいて経営を改善を目指します。

 

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:農政部 農政課(本館4階)

電話:0986-23-2768 ファクス:0986-23-2660

メールでの問い合わせ