ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(高城) > 細井地区遺跡群(ほそいちくいせきぐん)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

細井地区遺跡群(ほそいちくいせきぐん)

高城町有水

ほ場整備に伴い平成4年(1992)~平成13年(2001)にかけて発掘調査が実施されました。上原第1~3遺跡、雁寺(がんでら)遺跡、山城第1遺跡からなります。

縄文時代から古代・中世にかけての複合遺跡で、各時代の住居跡や建物跡などが見つかっています。

特に山城第1遺跡では縄文時代後期~晩期にかけての竪穴住居59軒(写真・左)が確認され、都城盆地における最も大きな縄文時代の遺跡の一つとなっています。また上原第3遺跡、山城第1遺跡では縄文時代の装飾品(写真・右)も出土しています。

上原第1遺跡では縄文時代の竪穴住居のほか、古墳時代の竪穴住居14軒(写真・中)が確認されています。

 

縄文時代の住居跡 古墳時代の住居跡 縄文時代の装身具

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ