ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(高城) > 月山日和城趾(がっさんひわじょうし) 三俣院高城址(みまたいんたかじょうし)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

月山日和城趾(がっさんひわじょうし) 三俣院高城址(みまたいんたかじょうし)

市指定史跡

高城町大井手

南北朝時代、南朝方の肝付兼重(きもつきかねしげ)によってつくられた「三俣院兼重本城」が始まりといわれています。「三俣院兼重本城」の場所には諸説あり、高城町石山の「三俣城」を肝付兼重の城とする説もあります。

現在の城の形は戦国時代に完成されたものとされ、シラス台地の端の部分に造り出された池の城・内の城・真城・本城・中の城・樽原・取添の7つの曲輪(くるわ)からなります。

都城盆地北部の拠点城郭として、北郷氏や伊東氏、伊集院氏などの諸氏が支配し、いくつもの戦いの舞台となりました。

昭和14年(1939)、中川一政、尾崎士郎らと共に宮崎県に招待された井伏鱒二は、ここ月山日和城を案内され「月山日和城」という作品を残しました。

現在は「池の城」の空堀部分に高城郷土資料館が建てられています。

 

高城空中写真 高城郷土資料館

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ