ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(高城) > 石山花相撲(いしやまはなずもう)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

石山花相撲(いしやまはなずもう)

はなずもう

市指定無形民俗文化財

高城町石山(たかじょうちょういしやま)

江戸時代、定満池(じょうまんのいけ)の堤の完成もしくは、修理の完了を祝い始められ、池の堤を踏み固める意味をもつと言われています。

始めは踊りを奉納していましたが、後代になって奉納相撲へと変わったとも伝えられています。

弓取り

現在の大相撲とは異なる古い形の弓取りや数え年7歳の子供達による花相撲、赤ん坊の土俵入りなどの後、子供・青年の相撲が始まります。昔は近隣の地域から力自慢の集まる有名な奉納相撲だったと伝えられています。 

 

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ