ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(高城) > 船印旗幟「稲福丸」(ふなじるしはたのぼり「いなふくまる)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習やスポーツ団体などについての情報
文化振興
文化振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

船印旗幟「稲福丸」(ふなじるしはたのぼり「いなふくまる)

市指定有形文化財

高城郷土資料館寄託

後藤五市が建造し、文久元年(1861)~文久3年(1863)の間、藩御用船として就航した「稲福丸」(18反帆)の幟旗です。

縦4.08メートル、横1メートルの大きな幟旗で、航海の際、船尾に掲げられていました。

文久3年10月、稲福丸は借金返済のため高山の豪商・重新左衛門(しげしんざえもん)へ売却されましたが、幟旗だけは後藤五市のもとへ残されていたと考えられています。

 

幟旗「稲福丸」


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ