ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(高城) > 穂満坊の御道中記稿本(ほまんぼうのごどうちゅうきこうほん)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

穂満坊の御道中記稿本(ほまんぼうのごどうちゅうきこうほん)

市指定有形文化財

高城郷土資料館寄託

嘉永6年(1853)、鹿児島藩主島津斉彬(なりあきら)の領内巡検の際、高城郷から提出された郷内案内の草稿をとじたものです。二つ折りにした梶番紙71枚からなり、加筆や削除の朱書きもそのまま残されています。

筆者は園田実徳(そのださねのり)。高城郷年寄役是枝主胤(これえだとのも)が序文、巡検に随行した儒学者近藤恒雄が跋文(ばつぶん)を書いています。

高城郷の地勢や人口、生産高、古跡や社寺の由緒などが記され、江戸時代の高城の状況を知る重要な歴史資料となっています。

 

御道中記稿本 稿本本文


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ