ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(高城) > 重弧文器台(じゅうこもんきだい)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

重弧文器台(じゅうこもんきだい)

市指定有形文化財

高城郷土資料館蔵

昭和62年(1988)、ゴルフ場建設に伴って発掘調査が実施された城ヶ尾遺跡で出土した弥生土器です。

口径30センチメートル、底径29.6センチメートル、器高45.8センチメートル。壺(つぼ)などの容器を乗せる台として使われたと考えられ、円形の透穴(すかしあな)と平行沈線の上下に半円形の同心円を重ねたような重弧文を3段に施しています。

このような重弧文を施す土器は熊本県を中心に分布していますが、壺(つぼ)などの形が多く、器台は珍しいといわれています。

 

重弧文器台


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ