ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(中郷) > 六ヶ城跡(ろっかんじょうあと)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

六ヶ城跡(ろっかんじょうあと)

安久町

盆地南縁山地の尾根上につくられています。南側の谷筋には「正応寺」があり、北には萩原川・安久川の合流点と、その先に広がる都城盆地を見ることができます。

天文2年(1533)、北郷忠相が伊東領であった三俣院を攻撃した際、臨時的につくられた城と考えられています。

尾根上の最高点に造られた主郭(しゅかく)を中心に、北・西の2方向へと曲輪(くるわ)が展開し、各所に土塁・掘切(各曲輪(くるわ)をへだてる空堀)などが残っています。南九州には数少ない本格的な山城として、高く評価されています。

 

六ヶ村城跡01 六ヶ村城跡02

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ