ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(中郷) > 梅北城跡(うめきたじょうあと)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

梅北城跡(うめきたじょうあと)

市指定史跡

梅北町

梅北川と野間川の合流点を望む台地の端の部分につくられています。

飛永城・上村城・中之城・新城の4つの曲輪(くるわ)で構成されていたと伝えられています。破壊が進み、飛永城などなくなってしまった曲輪もありますが、新城、中之城では現在でも土塁や堀の跡をみることができます。

大隅半島からの入口に位置し、盆地南部の拠点城郭として、盆地をめぐる争いの要衝となっていましたが、元和(げんな)元年(1615)、廃城となりました。

 

梅北城

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ