ホーム > 楽しむ・学ぶ > 文化財 > 文化財(西岳・庄内) > 三島通庸遺徳碑(みしまみちつねいとくひ)

楽しむ・学ぶ

生涯学習・社会教育
生涯学習などについての情報
文化・スポーツ振興
文化・スポーツ振興施策や民俗芸能などについての紹介
文化財
市内にある文化財の紹介
伝統と文化
市内に伝わる風習や祭りなど
都城島津家と都城
広報紙で紹介した都城島津邸の収蔵品などの紹介
美術館
美術館の施設概要や利用案内
施設一覧
温泉や主なスポーツ施設などの紹介

三島通庸遺徳碑(みしまみちつねいとくひ)

庄内町

三島通庸は鹿児島の人で、明治2年(1869)9月、地頭として都城へ赴任しました。

赴任当時は領内の反発が強かったため、都城領を上荘内郷(現庄内、西岳、山田)・下荘内郷(現都城市街地)・梶山(現三股町)に三分割し、下荘内郷の地頭は辞任した上で、上荘内郷と梶山郷の地頭となりました。

教育の振興や神社の復興、さらに住宅地の造成や道路建設を推進し、庄内町と三股町の発展の基礎をつくりました。

この顕彰碑は、明治42年(1909)、当時の庄内村によって建てられました。三島通庸と同郷だった元首相松方正義が篆額(てんがく)しています。

 

三島通庸遺徳碑

地図


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:教育委員会 文化財課(菖蒲原町)

電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549

メールでの問い合わせ