ホーム > くらし > 国保・後期高齢者医療・国民年金 > 国民健康保険 > こんなときは届け出が必要です

ホーム > よくある問い合わせ > 国保・後期高齢者医療・国民年金 > 国民健康保険 > こんなときは届け出が必要です

ホーム > かんたん検索 > 引っ越し > 都城市に転入する > 市外から転入したら(一般的な手続き) > こんなときは届け出が必要です

ホーム > かんたん検索 > 引っ越し > 都城市に転入する > 高齢者がいる > こんなときは届け出が必要です

ホーム > かんたん検索 > 引っ越し > 都城市に転入する > 国外から転入する > こんなときは届け出が必要です

くらし

相談
税金、保険料、ごみ・衛生などのくらしにかかわる相談窓口の紹介、Uターンなど都城市への移住についての相談
ごみの処理
ごみの収集や分別方法など
住民票・戸籍
住民票・戸籍の異動手続きや各種証明書の発行など
税金
市民税や固定資産税などの税に関する手続きなど
国保・後期高齢者医療・国民年金
国民年金や国民健康保険、後期高齢者医療に関する手続きや制度
介護保険
介護保険の制度やサービスの利用方法、手続きなど
マイナンバー(個人番号カード)
マイナンバーが必要な手続き、利用方法など
環境・衛生・犬の飼い方
ペットの飼い方、斎場・墓地の案内など
省エネルギー推進
自治公民館やまちづくり協議会、NPO
公民館活動やまちづくり協議会の活動、市民公益活動の紹介、NPO法人の手続きなど
住まい・道路
都市計画や市営住宅、建築に係る届け出など
上水道
上水道に関する手続きや制度など
下水道
下水道や合併処理浄化槽に関する手続きや制度など
防災
避難所の情報や身を守るための防災情報など
交通安全・防犯
交通安全と地域防犯に関する情報など
地方創生
情報を準備中です
公共交通
市内の公共交通や買い物支援など
移住(UターンやJターンなど)・定住の促進
都城市へ移住を希望する皆さんへ
婚活支援
婚活支援やイベントなどの紹介
男女共同参画
男女共同参画社会を推進するための情報や相談窓口の紹介
消費生活
消費生活のトラブルに関する相談窓口の紹介

こんなときは届け出が必要です

 

次の場合、世帯主は、以下の必要なものを持参の上、14日以内に市役所保険年金課、各総合支所市民生活課または、各地区市民センターの窓口で届け出してください。(いずれの手続きにもマイナンバーカード又は通知カード+写真付身分証(運転免許証等)が必要です。)

なお、住民登録の変更が必要なものは、先に市民課で届け出てください。

※代理人が申請する場合は、世帯主の委任状と代理人の身分証が必要となります。

 

 

こんなときは届出を

必要なもの

加入する場合

転入してきた

世帯主の印鑑、転出証明書

他の健康保険を脱退した

世帯主の印鑑、離職票または社会保険喪失連絡票、年金手帳

生活保護を受けなくなった

世帯主の印鑑、保護廃止決定通知書

子どもが生まれた

世帯主の印鑑、母子手帳、世帯主の銀行口座が分かるもの

脱退する場合

市外に転出する

被保険者証

他の健康保険に加入した

国保・他の健康保険の被保険者証、年金手帳

生活保護を受けるようになった

保護開始決定通知書、被保険者証

死亡した

喪主の印鑑、被保険者証、年金手帳または年金証書、喪主の銀行口座が分かるもの

その他

市内での住所が変わった

被保険者証

世帯主・氏名が変わった

被保険者証

学校へ行くため、他市町村に住む

被保険者証、当該年度の在学証明書 (写しは不可)

退職者医療制度の対象となった

印鑑、被保険者証、年金証書

被保険者証を紛失した

印鑑

高額療養費の支給を受ける

印鑑、被保険者証、病院の領収証、

世帯主の銀行口座が分かるもの

はり・きゅう施術受診券をもらう

印鑑、被保険者証

保養所の利用券をもらう

印鑑、被保険者証

 ※身分証とは、公的機関が発行した顔写真付きの証明書のことをいいます(免許証、バス券、パスポート、住基カードなど)

 ※印鑑は認印可。(ただし、スタンプ式印鑑は不可)

 ※預金通帳は、出産育児一時金、葬祭費、高額療養費の振り込みのために必要です

 

国民健康保険に加入された皆様へ

国民健康保険税を納める際は、ぜひ口座振替制度を活用ください。

(国民健康保険税額は、資格取得の届け出をされた翌月中旬に郵送で通知します。)

また、既に他の市税(市県民税、固定資産税、軽自動車税)などで口座振替を利用していても、国民健康保険税について振替の手続きをしてない場合は、口座振替ができませんので、その場合はあらためて国民健康保険税についても申し込みをしてください。

 

 国民健康保険の届け出は必ず14日以内にお願いします。

 国民健康保険税は、国民健康保険の資格が発生したとき(職場の健康保険をやめたときなど)までさかのぼって(最高3年間)納めなければなりません。そのため、届け出が遅れると一度に納めないといけない国民健康保険税額が多額になる場合がありますので、必ず14日以内に届け出をしてください。また、届け出の前日までの医療費は全額自己負担となりますので、注意ください。

 

※次の動画の掲載に当たっては、宮崎県国民健康保険団体連合会の許可を得ています。

 


皆さまのご意見をお聞かせください(統一アンケート)

このページについて、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、アンケートからの質問や問い合わせはご遠慮ください。
質問や問い合わせは、このアンケートの下の「メールでの問い合わせ」をご利用ください。

このページの情報は役に立ちましたか? (必須項目)

このページの情報は見つけやすかったですか? (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:健康部 保険年金課(本館1階)

電話:(給付担当)0986-23-2634
(国保担当)0986-23-2642
(年金担当)0986-23-2629
(収納担当)0986-23-7144 ファクス:0986-24-5520

メールでの問い合わせ